ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青山ランチ:水炊き風味スープ&ワサビが香るつけ鶏そば--『麺屋すみす』(味:★4 雰囲気:★5)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェット通信スタッフがおすすめするランチをレポート。本日紹介するのは青山一丁目にある「麺屋すみす」さんです。

ランチレポ:つけ鶏そば

青山一丁目駅5番出口から出て、外苑東通りを乃木坂方面に歩き徒歩5分。少し路地に入ったところにある、『ウィン青山』という建物の中のラーメン屋さん『麺屋すみす』。

■ランチタイム:11:00~16:00
■アクセス:青山一丁目駅から徒歩5分

たべたもの「つけ鶏そば」

■たべたもの:つけ鶏そば+〆ごはん
■値段:750円+100円
■内容:つけ麺、スープ、〆ごはん、割りスープ
■たべた日時:2014年4月7日月曜日14時00分入店

★★★★☆:

麺は太ちぢれ麺で、少々固め。噛めば噛むほど小麦の味がする麺です。スープはまるで水炊きのような風味と醤油の風味が合わさって濃厚。鶏臭さや脂っぽさは一切なく、鶏の旨味がよく出ています。

そのままスープのコクを味わうのもおいしかったですが、薬味のネギとワサビを加えて食べるのも、ピリリと味を締まって美味でした。おろしたてワサビが爽やかに香り、印象に残るお味。

ただ、スープは温かいのに麺は冷たいので、お店のアドバイス通り、ワサビをスープに溶かさずに麺にのせて食べようとすると、麺をすべてスープにつけることがかなわず、一部麺が冷たいままになるのが不満でした。麺もホカホカだとうれしいです。

黒胡椒が表面にまぶされた鶏チャーシューは、淡白でありながら旨味がぎゅっとつまっていて、豚のチャーシューとは全く違った味わいでした。

最後は、ごはんにネギと海苔とがトッピングされた『〆ごはん』に残りスープと割りスープを入れて、鶏ダシ茶漬け! これは文句なしにおいしいです。割りスープは白濁だったので、きっと淡白な鶏ダシなのだと思います。ワサビを残しておいて、溶かして食べるのが筆者オススメです。サラサラさっぱりいただけます。

お店の雰囲気とサービス

★★★★★:

二面がガラス張りで外に面していて、日当たり良好。スタイリッシュな店内で女性の一人ラーメンも気になりません。
店員さんは気配りが利いていて、はじめに紙エプロンがいるかどうかを聞いてきてくれます。〆のごはんを頼もうとしたときも、すぐに気がついてくれましたし、どのごはんを頼めばいいのかも、親切に教えてくれました。

評価

ボリューム:麺の量は普通。〆ごはんの量は少なめでちょうどいい。替え玉も追加注文できます。
オーダーの早さ:食券を渡してから10分ほどで出てきます。
混雑具合:14時頃でも8割方席が埋まっていました。12~13時頃はいつも4,5名の行列ができています。
その他:食券式ですが、店内で追加注文して現金精算もできます。

その他の写真

詳細情報

店名:麺屋すみす
ランチメニュー:

醤油らーめん:700円
塩らーめん:750円
つけ鶏そば:750円
〆ごはん:100円

電話:03-3497-5828
場所:〒1070062 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山107
席数:18席
店舗情報:https://www.facebook.com/mennyasmith


大きな地図で見る

おいしいランチ情報を編集部に教えてください

おいしいランチの情報をガジェット通信編集部までお寄せください。
店名、最寄り駅、お店のURL、あなたからの推薦コメントを添えて、ガジェット通信の情報提供フォームから投稿お願いします。

ガジェット通信情報提供フォーム

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP