ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

迫力のアニメーションに満足! 異能力に頼らない正統派スポ根モノ『ピンポン THE ANIMATION』クロスレビュー[8/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014春アニメクロスレビュー『ピンポン THE ANIMATION』

ピンチの時にはヒーローが必ず現れる――。 自由奔放で自信家のペコ(星野裕)。クールで笑わないスマイル(月本誠)。二人は片瀬高校卓球部。子供のころ、ペコに誘われて卓球道場タムラで卓球を始めたスマイルはかなりの腕前だが、今でもペコにはなかなか勝てない。そんなペコの前に、辻堂学院の留学生、孔文革(コン・ウェンガ)が立ちふさがる。また、片瀬高校の顧問・小泉は、スマイルの能力をさらに開花されるため個人レッスンに乗り出す。ドラゴン(風間竜一)率いる常勝・海王学園を揺るがすのは誰か。海王に通うペコとスマイルの幼馴染、アクマ(佐久間学)も闘志を燃やす。各人の思いをよそに、インターハイ予選は近づいてくる。 274cmを飛び交う140km/hの白球。その行方が、頂点を目指す少年たちの青春を切り裂く。 ヒーローは、現れるのか――。

制作/タツノコプロ
監督/湯浅政明
声優/片山福十郎、内山昂輝、咲野俊介、木村昴
4月10日よりスタート
フジテレビ 毎週水曜日 25:00~
公式サイト:http://www.pingpong-anime.tv/[リンク]

2014春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

8/10点(レビュアー 3名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 9
脚本 8
作画 8
OP / ED 8
アニメとしての見せ方がうまい度 10
-----
総合 8

卓球漫画で映画化もして有名なピンポンのアニメ化。非常に面白かったです。動きのあるスポーツをちゃんとアニメーションさせるとすごく見やすく、伝わりやすく、迫力があるというのが証明できるというお手本のような作品でした。登場人物も個性的で中国人はちゃんと中国人の声優が中国語を話し(日本語字幕が出ます)、アニメにありがちな外国人を日本人声優が普通に日本語でというのではないのがポイント。1話にして見どころが多かったので今後楽しみです。

srbnのレビュー

演出 9
脚本 8
作画 8
OP / ED 8
卓球の時間だ! 10
-----
総合 8

実写映画は観たけど10年以上前なのでもうあんまり覚えてなかったり。記憶に無いながらも懐かしい雰囲気を感じました。独特の作画に湯浅監督のテイストがマッチしてうまく世界観が出ていたように思います。演技は映画版に寄せてるのかな、って感じがしましたが、アニメ版もウザったい雰囲気が上手く出てると思います。作画のタッチに好き嫌いがハッキリ出そうですが、ガチの中国語だったり、競技中のカットインだったり、細かいところにも手を抜いていないので慣れたらめちゃくちゃ楽しめると思います。異能力に頼らないスポ根モノはもうちょっと増えてもいいですよねえ。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 8
脚本 8
作画 8
OP/ED 8
オッス!オラ、オババ度 10
-----
総合 8

漫画原作のアニメな今作、『ピンポン』ww このタイミングでアニメ化が来るのは驚きでしたww ちなみに過去に実写映画は何回か観ましたね、窪塚洋介が好きだったんでwww 今作は松本大洋の原作をまんま活かした感じの絵柄なので独特のアニメーションになってますねww
ストーリーは言わずもがな、タイトル通りに卓球の話で主人公のペコとスマイルの成長を描いてますww ペコは実際にいたら確実に友達になれないレベルのウザさですwww しかし、オババの中の人が野沢さんなのにはオラおでれぇたぞ~www エイプリルフールネタのドラゴンボールとのコラボにはフイタwwww そしてチャイナは完全に中国語で字幕表示ですww ノイタミナ枠ならではの作品な今作ピンポン、気に入った方は実写映画を見てみても面白いと思いますよww

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP