ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2010年に発売されたXperia X8にAndroid 4.4.2(KitKat)が移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2010年秋にAndroid 1.6(Donut)で発売されたSony Ericssonの「Xperia X8」にAndroid 4.4.2(KitKat)が移植されました。Xperia X8は、3インチHVGAディスプレイ、MSM7227 600MHzプロセッサ、256MB RAM、512MB ROM、320万画素カメラ、1,200mAhバッテリーを搭載した、今となっては超古い機種です。そのXperia X8で最新のAndroid 4.4.2が動くというのはちょっと感動的ですね。今回は人気のカスタムROMの一つである「Omni ROM」でXperia X8用が作成されました。「Omni ROM」はAOSP版Androidの外観を維持しつつ、独自の機能を盛り込んだカスタムROMです。CyanogenModのようにROM本体とGAppsをカスタムリカバリから順にインストールすれば導入完了となります。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Qrank(クランク) : ユーザー投稿型の新しいランキングアプリ
「Moto 360」の早期購入者向け価格は$149という噂
Floating Mail : Facebookメッセンジャーの"チャットヘッド"スタイルの通知機能を持ったフローティング型のメールクライアント、メール機能はほぼK-9 Mail

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。