ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Google Playムービー」がv3.1にアップデート、スワイプ操作での動画シークや早送り/巻き戻しが可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleの動画配信サービス「Google Playムービー」のAndroidアプリがv3.1.22にアップデートされました。今回のアップデートでは、アプリUIの一部変更、動画プレイヤーのImmersiveモードへの対応、動画の早送り・巻き戻し、シーク機能の追加が行われています。アプリUの変更は大規模ではありませんが、左側のスライドメニューバーにアカウント切り替えボタンが追加され、以前は画面右上のメニューリストにあった「設定」や「ヘルプ」が移動してきました。v3.1の目玉は動画の再生中に画面のスワイプ操作でシークしたり、早送り/巻き戻しを行えるようになったところです。シーク機能は現在の位置から前後十数秒をラグ無しに移動できます。その状態で指をさらに外側に移動させると、早送り/巻き戻し再生できます。「Google Playムービー」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile SO-04F"AltairがFCCの認証を取得
スペックコンピュータ、Android端末をQiワイヤレス充電に対応させる外付けキット「置きらく充電レシーバーシート for Android」を発売
2,560×1,440ピクセルの高解像度ディスプレイを搭載した「SM-G906S」がGFX Benchmarkサイトで見つかる、Galaxy S 5のWQHD版か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP