ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年03月31日~04月06日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
今週の一位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年03月31日~04月06日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:射手座

自分の楽しみや欲求を優先させることより人を楽しませたり満足させることに意義を見出すことが幸運の鍵となるでしょう。直感力が冴えているときなので相手の求めるものにもピンとくるはずです。かゆいところに手が届く対応が好感度を大きく上昇させるでしょう。

第2位:魚座

堂堂とした振る舞いが好印象を与える秘けつ。自信がないからと背を丸めるのでも無理な背伸びをするのでもなくチャレンジ精神を大切に。健康運が下り坂。特に日頃の不摂生が一気に体調にあらわれるときなので要注意。休めるときは早めに休むなどの対処をとること。

第3位:牡牛座

がんばったらがんばったぶんだけの力がつくときなので手を抜かないことが肝要です。またすぐ成果に結び付かなくてもあせらずくさらないこと。互いに切磋琢磨しあえる友人や仲間は大切にして吉。上からでも下からでもなく対等の立場で考えることを意識してみて。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/544411 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡羊座
新たなスタートを切るに当たっては応用力を身につけることを心掛けて吉。これまでに経験したことや学習したことから一歩踏み込んで臨機応変な対応ができるようになると今よりさらに世界が広がるでしょう。健康運に注意信号が出ています。不調を放置しないこと。

第5位:蠍座
判断力が冴えているとき。ここぞというタイミングで攻勢を仕掛けることが成功へと導くでしょう。ただし目標がブレているとどうしても手が緩みがちに。事前にしっかり目的を見定めておくことが肝要です。また愚痴や不満を漏らす相手は慎重に選んだほうが良さそう。

第6位:蟹座
あなたの気まぐれに周囲が振りまわされてしまい人間関係を損ねる可能性が。思い付きや行き当たりばったりの行動は避け発言は慎重に。またいろんなことを感覚的に吸収できるときなので過ぎたことにこだわるよりも新しいことにどんどんチャレンジしていきましょう。

第7位:双子座
さまざまなことに適当なところで折り合いをつけることが難しく立ち止まる時期かもしれません。またそれを契機に不安要素がいくつも湧いてくるでしょう。しかしひとつひとつを着実にこなし乗り越えていくしか道はありません。あせりは禁物。希望は必ず開けます。

第8位:水瓶座
今自分に不足している技術や知識について学ぼうとする姿勢が運気をアップさせる鍵となるでしょう。またその関係で新たな人間関係の発展が期待できるかもしれません。一気に何とかしようとするよりも無理のない範囲で少しずつ着手しひとつずつこなすことが肝要。

第9位:山羊座
なんとなくだるくヤル気になれなくてモチベーションの維持に苦労しそうな週です。適度に息抜きをしながら淡淡と事務的に作業を進めると良いかもしれません。木曜日までは大きなトラブルもなさそうなのでインターバルを大切にして。週末にはアクシデントの兆し。

第10位:乙女座
解放感が得られるとき。ただし気を抜き過ぎて油断していると思わぬ落とし穴にはまるでしょう。特に親しい間柄の人間関係に要注意。気の置けない仲だとしても最低限のマナーは守ること。連絡のミスや約束のすっぽかしなどはそのあとも当分引き摺るので厳禁です。

第11位:獅子座
軽はずみな言動は失敗のもと。特に具体性もなく思い付きで動くのは控えたほうが良さそう。現実的な視点を大切にすることがトラブル回避の秘けつとなるでしょう。また自分を見つめ直すのに良い時期です。これまでの経験を踏まえたうえで将来をしっかり見据えて。

第12位:天秤座
過去に目を向けるより現在と未来を大切にすることが肝要。特に新たな人間関係が広がっていくときなので身の回りの空気を入れ替えることも有用かもしれません。ひとりで抱え込もうとするのではなく周囲に依存し過ぎない程度に相談したり愚痴を漏らすことも大事。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。