体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneと連携してカフェラテを3倍おいしく飲める ウェアラブルデバイス『Higerable Device』レビュー

iPhoneと連携してカフェラテを3倍おいしく飲める ウェアラブルデバイス『Higerable Device』レビュー

『NIKE+FUELBAND』『JAWBONE UP』といったリストバンド型の活動量計、『Gear 2』や『SmartWatch 2』といったスマートウォッチ、そしてメガネ型の『Google Glass』など、ガジェット界はウェアラブルデバイスの話題が花盛り。ウェアラブルデバイス用OSの“Android Wear”、それを搭載したスマートウォッチ『Moto 360』が発表されるなど、2014年は“ウェアラブルデバイスの年”になりそうな勢いです。そんな中、iPhoneと連携して「カフェラテを3倍おいしく飲める」ウェアラブルデバイスが登場しました。実機をお借りできたので、レビューをお届けします。

『Higerable Device(ヒゲラブルデバイス)』

『Higerable Device(ヒゲラブルデバイス)』は、文字どおりヒゲとして顔に装着するウェアラブルデバイス。BluetoothでiPhoneと連携して「カフェラテを3倍おいしく飲める」機能を提供します。

6個のスイッチを搭載 スイッチ操作も可能

ヒゲの中には6個のスイッチを搭載。ヒゲをいじるようにしてスイッチを押すことでも操作できます。

専用アプリでiPhoneとペアリング

アプリを起動

使う前に、『Higerable Device』をiPhoneと連携させておきましょう。iPhoneとの連携は、専用アプリ『Smart Hige』で実現します。アプリを起動したら、ヒゲのアイコンをタップ。

検出したデバイス名 ペアリング完了

デバイス名が表示されるので、名前をタップしてペアリング。アプリ画面のヒゲアイコンが黒くなったらペアリング完了です。操作は簡単ですね。ではこのヒゲ型デバイスに搭載された機能を見ていきましょう。

正しい姿勢でカフェラテを楽しむ

正しい姿勢でカフェラテを楽しむ

カフェラテは正しい姿勢で飲むべき。『Higerable Device』は、装着した人の姿勢を加速度センサで検知して、正しい姿勢を教えてくれる『ビューティフル・テイスティング・ポジション』機能を搭載しています。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy