ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung SM-T700はGalaxy TabPRO 8.4のSuper AMOLED版?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GFX Benchmarkの公式サイトに「SM-T700」という新型番を採用したSamsungタブレットが登録されました。同サイトの情報によると、SM-T700は8.4インチ2,560×1,600ピクセルのディスプレイ、1.9GHz駆動のExynos 5 Octaプロセッサ(GPUはARM Mali-T628MP6)、1.7GB RAM/11GB ROM(物理的には2GB RAM/16GB ROM?)、背面に700万画素カメラ/前面に200万画素カメラ、Android 4.4.2(KitKat)を搭載しています。プロセッサ以外のスペックはCES 2014で発表された「Galaxy TabPRO 8.4(SM-T52X)」と同じと言えます。しかし、型番がSM-T700と異なります。Samsungは今年6月にもGalaxy TabPRO 8.4のSuper AMOLED版を発売すると噂されているので、基本スペックが現行モデルと同じところを見ると、SM-T700はSuper AMOLED版と推測されます。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
Gear 2とGear Fitの台湾での販売価格が判明、Gear 2は8,990台湾ドル(約30,100円)、Gear Fitは5,990台湾ドル(約20,100円)
HTC M8の実物写真がまた流出、今度はGalaxy S 4やLG G2、Xperia Z1などと並べたり積んだりして撮影
Android Wearを搭載したスマートウォッチ「Moto 360」はBT4.0対応のAndroid 4.3以上の端末で利用可能、充電はワイヤレスで行なう

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP