ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極小サイズのブロック『nanoblock』の新商品を見てきた! 恐竜やリラックマに“走るブロックの鉄道模型”『nanoGauge』もお披露目!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


4mm×4mm×5mmの超極小サイズのブロック『nanoblock(ナノブロック)』。動物から建築物まで、極小サイズのブロックで豊かな表現ができるナノブロックの人気は、年々熱を増しています。今回はナノブロック新作も見れる展示会“ブロックミュージアム”に行ってきました!

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/536170[リンク]



発売中&新作のナノブロックが勢揃い! 見ているだけでワクワクしてきます。新作商品には、恐竜シリーズやポケットモンスターが。


ひつじのショーンにリラックマ、コリラックマも登場します。

リラックマは“だらだら音楽を聴きながら片足でリズムをとる”、あのおなじみのポーズを再現!

組み立てる時に便利な「ナノブロックパッド」なんてものもあるんですね。

新タイプの『nanoblock+(ナノブロックプラス)』


従来のブロックサイズはタテ3:ヨコ4だったのに対し、ナノブロックプラスはタテ1:ヨコ1の立方体なので、“タテにもヨコにもずれなく”きれいに、そして表現の自由度が高くなった商品。


ベーシックシリーズに加え、キティとポケモンが3月21日に発売。見た目の再現度の高さはもちろん、よりカラフルでポップなイメージのシリーズになっています。

大注目の新商品! 組み立てて走らせる『nanoGauge(ナノゲージ)』




Nゲージ規格を組み込んだ鉄道模型システムのナノゲージは、走らせる車両から風景までナノブロックで組み立てられるので、自由にアレンジが出来るのが特徴。しかも、きちんとJRの許諾を得て商品開発を行っているので、実際の列車の車両を再現したモデルが登場。先頭車両専用のフラットパーツなども新たに開発され、美しいラインが再現可能となっています。ブロックなので、車体のカラーを自由に組み替えて、オリジナルの列車を作って走らせるという楽しみも。


動画URL:http://youtu.be/-w-TqWhN7dw[リンク]
風景は市販の“情景コレクションシリーズ”をレイアウトすれば、手軽に豪華なジオラマを作ることが出来ちゃいます。さらに、車両だけでなく、動物や建物のモチーフを乗せて走らせることもできるので、遊び方は無限大ではないでしょうか。このナノゲージも3月21日に発売。
3月20日、21日には東京スカイツリーのソラマチで走行体験会もあるので、ぜひ訪れてみは。




また、おもちゃやオブジェだけではなく、時計やお弁当箱、食べられるミントタブレットまであり、本当に幅広く展開しているナノブロック。今後の新商品&展開も楽しみ!

《nanoblockフェスタinソラマチ イベント開催概要》
日時:2014年3月20日(木)~3月23日(日)
※「nanoblock Museum」は26日(水)まで
会場:東京ソラマチ イーストヤード4F 特設イベント会場(東武百貨店前エレベーター横)
主催:株式会社カワダ

詳細:
(1)『nanoblock+』体験会
ヒヨコかクルマのどちらかの『nanoblock+』を実際に制作し、作る楽しみを体感していただきます。
20日(木):14:00~18:00
21日(金)~23日(日):10:00~18:00
(2)『nanoGauge』走行体験会
『nanoGauge』で組み立てられたジオラマを3周運転させ、駅でピタっと止められたらオリジナルの記念品を贈呈します。
20日(木):14:00~18:00
21日(金)~23日(日):10:00~18:00
(3)『nanoblockMuseum』
『nanoblock』作品や過去の『ナノブロックAward』作品を紹介します。
20日(木):14:00~18:00
21日(金)~25日(火):10:00~21:00
26日(水):10:00~18:00

ナノブロックHP
http://www.diablock.co.jp/nanoblock/[リンク]

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP