体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三国志ACゲームの大本命『スリキン』こと『THE WORLD of THREE KINGDOMS』発表会に行ってきたぞ

スリキン top

3月13日(木)、セガからアミューズメント施設向けゲーム『THE WORLD of THREE KINGDOMS』(ザ ワールド オブ スリー キングダムズ)のプレス向け発表会が行われた。

『THE WORLD of THREE KINGDOMS』は一体どんなゲームなのか? 当日の発表会の様子も交えながらお伝えしたい。

スリキン筐体

『THE WORLD of THREE KINGDOMS』―― 『スリキン』とは

『THE WORLD of THREE KINGDOMS』、略称『スリキン』として紹介された本機種は、「軍資金」と呼ばれるゲーム内通貨を使用する大規模な対戦型“三国志”育成シミュレーションゲームである。

曹操、劉備、孫権、董卓、呂布など、三国志ではおなじみの群雄たちが繰り広げる勢力争いの中に、プレイヤー自身も武将となって参戦するという内容だ。

『スリキン』は合戦に勝利すると、「軍資金」を増やすことができ、勝ち続けるとお金の追加投入なしにずっと遊び続けられるというのが大きな特徴のひとつ。

プレイするには、まずゲーム専用ICカード『Aime』の用意が必要。カードと暗証番号によって、各々のデータにアクセスできるようになる。

Aimeカード

『Aimeカード』以外にも『おサイフケータイ』や『バナパスポートカード』を使うことも可能。

プレイ初回には新規武将を作成するところからスタートとなる。髪型や表情など多くのパターンを組み合わせ、自分の分身となるキャラクターを決める。

武将01 武将02 武将03

武将には「100合戦」という形で“寿命”が設けられている。後述するが、生涯一度だけの「嫁」を見つけ「世継ぎ」を誕生させることで家督を継承することができるようになるのだ。

武将04 スタート

継承できる要素は次の通り。先代からの要素が引き継がれるので、成長させてから継承するほど、次世代が有利となる。

1 2 3 4 5次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy