体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハピなるでいっちばーんなキャストが登場! まさにメルヘンの極み 『劇場版 プリティーリズム』熱唱上映会&キャストトークイベントレポート

0316劇場版プリティーリズム熱唱上映オフィシャル1641_R

3月16日、横浜ブルク13にて『劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン』熱唱上映&キャストトークイベントが開催された。『劇場版 プリティーリズム』は、『プリティーリズム・オーロラドリーム』『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』『プリティーリズム・レインボーライブ』の歴代3作から選りすぐりのプリズムショーをベストテン形式でお届けする作品。イベントの舞台となった横浜は第1作の『オーロラドリーム』で舞台となっていたこともあり、聖地巡礼を楽しむファンもいたようだ。

イベントでは、プリズムショーを観ているかのような気分で声援を送ったり、客席のおともだちみんなで大合唱したりという熱唱上映と、『プリティーリズム』シリーズに出演した声優の加藤英美里さん、後藤沙緒里さん、大久保瑠美さんが登壇してのトークイベントが行われた。

臨場感溢れる熱唱上映でプリズムショーを体験!

0316熱唱上映オフィシャル2_R

ランキング形式でこれまでの『プリティーリズム』シリーズで描かれてきたプリズムショーのベストテンを発表する作品である本作。劇場版のアニメ映画でありながら、あたかもライブを観ているかのような次々と繰り広げられるプリズムショーの連続に、思わず声を出して応援したり、ペンライトを振りたくなったりしてしまう作品となっている。そんな思いが叶ったのが今回の熱唱上映だ。今回の熱唱上映では、ライブ中にキャラクターの名前を叫んで応援したり、曲にコールを入れたり、一緒に歌ったりと、たくさんの“プリリズ愛”が劇場内に満ち溢れていた。大画面で観るプリズムショーの臨場感は劇場版ならではだが、それ以上に劇場内の歓声やきらめくペンライトを見ていると本物のプリズムショーを観ているような感覚が味わえる。上映後には拍手喝采が、余韻を楽しむかのようにしばらく鳴り響いていた。

熱いキャストトークでファンも大満足 クイズも大盛況

劇場版プリティーリズム3

キャストトークパートでは、加藤英美里さん、後藤沙緒里さん、大久保瑠美さんの3名によるトークと、プレゼントクイズ大会が行われた。

司会からの「劇場版をやります、と初めて聞いたときどう思いましたか?」という質問に対し、加藤さんは「初めて劇場版をやると聞いたのは、年末のライブの時で、その時は本当にびっくりしました。今までやりそうでやらなかった劇場版ですが、どんな映画になるのかなとすごく気になっていました。テレビシリーズでもショーは観られますが、劇場版はショーをまとめて一気に観ることが出来て楽しいなと思いました」とコメントした。同じタイミングで劇場版の情報を聞いた後藤さんは「同じく、発表にびっくりしました。それからあっという間に公開されて、すごいびっくりしました。本当にみなさんに楽しんで頂けて、うれしいなと思います」とコメントした。前作の『ディアマイフューチャー』以来の出演となる大久保さんは「『レインボーライブ』の内容で映画をやるのかな?と思っていたので「よかったですね!」って言っちゃいました(笑)もう一度みあを演じる機会があったらいいなと思っていて、『レインボーライブ』のみなさんと掛け合いすることもできてうれしかったです」とコメントした。

PRRL25_241d
1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。