ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungはGalaxy TabPRO 8.4のSuper AMOLEDバージョンを開発中?ハンガリー法人が情報を明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが「Galaxy TabPRO 8.4」のSuper AMOLEDバージョンを開発しているという情報が浮上してきました。この情報は、Samsungハンガリー法人が同社のFacebookページでユーザーからの”Galaxy TabPRO 8.4 LTEはハンガリーではいつ発売されますか?”という問い合わせに対して、”ハンガリーでは6月頃にTabPRO AMOLEDバージョンが発売される見込みです”と回答したことで明らかになりました。今年1月のCES 2014イベントで発表されたGalaxy TabPROシリーズは、8.4インチモデル、10.1インチモデル、12.2インチモデルの3種類がラインアップされていますが、いずれもLCDを搭載しています。SamsungはAMOLEDバージョンと言っているので、6月に発売されるのはディスプレイモジュールをLCDからAMOLEDに変更した改良版と考えられます。10.1インチモデルと12.2インチモデルにもAMOLEDバージョンが存在するのかは不明です。AMOLEDを採用するSamsungタブレットは今回のGalaxy TabPRO 8.4の他にも、SM-T800/SM-T801/SM-T805があると伝えられています。SM-T800シリーズは10.5インチ2,560×1,600ピクセルのディスプレイを搭載しているので、TabPro 10.1のAMOLEDバージョンとして開発されているのかもしれません。Source : Tech2SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
英国の携帯販売店がHTC M8のポスターを店頭に設置
BUYMAとSony Mobileがコラボ、Sony Select利用者にBUYMAの商品を50%OFFで購入できるクーポンを先着1,000名にプレゼント
「LG G Pro 2」に搭載された「Mini View」のデモ動画、画面サイズよりも小さなAndroid画面を形成して片手での操作性を改善する新機能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP