ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleのイタズラ?Android版「YouTube」のアプリアイコンが一時的に「骨」に変わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日、Android版「YouTube」のアップデートが立て続けに2度行われたのですが、1回目のアップデートでアプリアイコンが「骨」に変化するという前代未聞の珍事が起きました。このようになったのは1回目の「v5.5.26」へのアップデートの時です。通常は「再生」ボタンが表示されるアイコンに上図の犬用の骨/骨型ガムのようなものに変わりました。アプリはその後すぐにv5.5.27にアップデートされ、アイコンは元に戻りました。Googleのイタズラとも思えるような出来事ですね。ただ、Googleの社内で行われるテストでは「Dogfooding」という言葉が用いられることから、内部向けのリリース版と区別するためにわざとアイコンを変化させたということも考えられます。そのテスト版がユーザーに配信されたのかもしれません。ちなみに、この出来事を教えてくれたMさんからのメールによると、v5.5.26のapkを解凍すると、アプリのアイコンが格納されている「mipmap-xxhdpi」フォルダには次のような画像が2枚入っていたそうです。YouTube」(Google Playストア)YouTube v5.5.26ダウンロード先



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、2,560×1,440ピクセルのディスプレイを搭載した「LG D850」(LG G3?)のUAProfを公開
LINEが「LINE Mall」内でLINEキャラクターのグッズなどを販売する直営ショップ「LINE BRAND STORE」をオープン
LG G Pro 2(LG-D838)が香港で発表、3月22日より発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP