ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年03月10日~03月16日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年03月10日~03月16日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:牡牛座

今週は学びの成果が得られるとき。興味があることには積極的に関わり吸収するよう試みてください。経験のないことでも尻ごみする必要はありません。後のち大きなプラスとなるはずです。ただし熱しやすく冷めやすいのが不安材料。友達などを巻き込むといいかも。

第2位:天秤座

冷静な判断と理にかなった行動がツキを呼ぶとき。成果を上げたぶんだけ正当な評価が得られるときでもあるので自信を持ってことにあたりましょう。チャンスは躊躇せずにつかみにいくこと。ただし健康運が下り坂。夜更かしや食生活の乱れがダイレクトに響きそう。

第3位:獅子座

懸念材料は解決の見通しが立つ兆し。周囲と相談しながらあせらず堅実に進めていきましょう。新しいことを始めたり大きな変化を起こすより今は足許の地盤を固めることが先決のようです。話し合いの不足はトラブルのもと。意見はしっかり相手に伝えることが肝要。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/529748 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡羊座
今週は熟考の先に正しい判断が待っているでしょう。直感で選ばずじっくり吟味することが成功の鍵。失敗の原因を他者や周囲の環境に求めていては成長は得られません。また今週は身近な人との些細な価値観のすれ違いに戸惑うかも。週末はお金の収支を見直すと吉。

第5位:水瓶座
今週は新しいことにチャレンジするよりも過去にやり残したことは中途半端なまま手つかずになっているものを片付けることを優先させましょう。以前失敗したことでも改めて取り組むことで別の道が開けてくるかもしれません。いろんな角度から見てみることが大事。

第6位:乙女座
衝動買いに要注意。後悔する出費をしがちなときなので買い物は熟慮が必要です。また心配ごとが現実になる可能性が大きそう。事前に打てる手は打っておくことが被害を最小限に留める秘けつとなるでしょう。休日はしっかり休養をとって次への英気を養うことです。

第7位:蠍座
他者への思いやりや気遣いが自分に良い形となって返ってくるときです。ただしそのぶん自分のことは後回しになりがちなので気をつけましょう。またできもしないことまで請け負うなど見栄を張るのは禁物です。真面目で誠実な言動が好印象のポイントとなりそうです。

第8位:双子座
今すぐに希望が叶うことはないかもしれません。しかし今週は未来の希望の為の布石とする大事な時期となりそうです。自分のことばかりではなく周囲の状況や立場を鑑み行動することが求められています。これまで縁のなかった分野に視野を広げてみるのも良さそう。

第9位:射手座
周囲が変化しつつあるとき。なんとなく落ち着かない環境に置かれそうです。そのため集中力が欠けたりケアレスミスをおかしがちなので注意しましょう。また面倒ごとも増えそうです。ただしここを正念場と腹をくくって乗り越えると今後に生かせる実績となりそう。

第10位:魚座
我が強くなりがちなとき。自分の意見を押し付けようとする傾向にあるので要注意です。また意見を否定されたときすねたり激昂するなど精神的に不安定になりやすいので議論になったらいったん時間を置くなどしてみてください。周囲と足並みを揃えることが幸運の鍵。

第11位:蟹座
何かとタイミングが合わなかったりツキがないと感じる週となるかもしれません。運気の波がやや低調なので慎重な言動が失敗しないポイントになるでしょう。特に計画にないことを見切り発車で始めるとあとで苦しむことに。週末は芸術鑑賞が運気上昇の鍵となりそう。

第12位:山羊座
運気は低調気味。特に対人面での不調が目立つ週となりそうです。思い込みや偏見で決めつけて相手の話をきちんと聞かないのは厳禁。またあやふやな知識で断言するのも誤解を招いたり信用を損ねる原因となるので要注意。広い視野で物を見ることを心掛けましょう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP