ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年の世界タブレット出荷台数、Androidがシェア61.9%でトップに立つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 ガートナーが3月3日に発表した2013年の世界におけるタブレット出荷台数の調査結果によると、タブレットの年間出荷台数シェアでAndroidが全体の61.9%を占めて、これまでトップだったiPadシリーズを抜きました。2013年におけるタブレット全体の出荷台数は前年比68%増の1億9540万台でした。タブレット市場は2013年も拡大したことになります。OS別に見ていくと、Androidは前年比127%増の1億2090万台となり、2012年は45%だったシェアは61.9%に上昇。2012年は2位でしたが、2013年にトップに立ちました。2012年までずっとトップだったiPadシリーズは前年比14%増の7,049万台で、シェアは36%に減少しました。3位のMicrosoftは403万台(シェア2.1%)でした。メーカー別では、トップは依然としてApple(7,040万台、シェアは36%)でしたが、Samsungのシェアが2012年の7.4%から19.1%に増加した影響により、そのシェアは過半数を割ってしまいました。3位はASUS(1,103万台、シェア5.6%)、4位はAmazon(940万台、4.8%)、5位はLenovo(652万台、3.3%)という結果でした。ASUSは今年Amazonを抜きました。Source : Gartner



(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomiは9.2インチ・Snapdrragon 400を搭載したAndroidタブレットを開発中?
NTTドコモ、Galaxy Note 3とGalaxy Jのソフトウェアアップデートを開始
小米科技(Xiaomi)がTegra K1タブレットを開発しているという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP