ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung SM-G900Hは8コアのExynosプロセッサを搭載したGalaxy S 5?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 5のExynos版とみられる「SM-G900H」のテスト結果がGFX Bencmarkの公式サイトで発見されました。Galaxy S 5はこれまでにSnapdragon 801を搭載した「SM-G900F」しか発表されていません。Samsungが公開したインフォグラフィックによると、Galaxy S 5には最大2.1GHz駆動の8コアCPUを搭載したモデルも存在することになっていますが、公式には発表されていません。今回のSM-G900Hのスペックは同サイトの情報によると、5.2インチ1,920✗1,080ピクセルのディスプレイ、Exynos 5 Octaプロセッサ(CPUクロックは”1.3GHz”となっています。GPUは”Mali-T628″)、2GB RAM、16GB ROM、背面に1,600万画素カメラ、前面に200万画素カメラを搭載しています。発表済みのSM-900Fとはプロセッサ仕様が異るだけで、他の部分は同じ規格が表示されています。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
NTT西日本、光BOX+向けに音声による対話型検索サービス「スマートナビットさん」を3月4日より提供
OPPO Find 7で撮影された約5,000万画素の写真が公開
Nubia Z7(Nubia X)の実物写真がまた流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP