ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MWC 2014 : Samsung、Android向けセキュリティプラットフォーム「KNOX 2.0」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungは2月25日、MWC 2014で同社のAndroid向けセキュリティソリューション「KNOX」のメジャーアップデート版「KNOX 2.0」を発表しました。Samsung KNOXは、同社が独自に開発したAndroidベースのセキュリティプラットフォームのことで、「コンテナ」と呼ばれる暗号化されたスペースに通常のAndroidから分離された別のAndroidシステムを構築することができる、BYOD利用をターゲットにした機能です。サービスは昨年10月より提供されており、海外ではGalaxy S 4やGalaxy Note 3などの主要製品に組み込まれています。今回発表されたKNOX 2.0では、ユーザー認証情報と各種暗号化キーの情報をハードウェアチップの実装された「トラストゾーン(Trust Zone)」で管理することが可能になり、盗難や紛失、ハッキングなどによる被害による端末とユーザ情報の保護能力が向上しました。また、KNOX環境を利用する場合に、パスワードだけでなく指紋認証を使用した2段階認証もサポートしたほか、リアルタイムで端末をモニタリングして非承認のカーネルコードの実行を防ぐことや、KNOX環境にアプリをインストールするのに必要だったアプリの変換操作が不要になり、対応アプリも大幅に拡大しました。さらに、コンテナ内部と外部で個別のAPNを設定することが可能になり、プライベート環境と仕事環境のネットワークを分離することのほか、それぞれの環境で通信料を区別することも可能になりました。個人の端末を会社に持ち込んでいる場合はKNOX分の料金を計算することも容易になります。KNOX 2.0は2014年Q2中に商用展開される予定で、まずはGalaxy S 5に実装されます。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
PCのローカルストレージに保存した動画ファイルをChromecastにストリーミングできるChromeアプリ「Videostream for Google Chromecast」が公開
KDDI、3辺狭額縁デザインを採用したシャープ製Androidタブレット「AQUOS PAD SHT22」を本日発売
MWC 2014 : HP、2014年5月よりSlate 6/Slate 7 VoiceTabを欧州と中東で発売、2年間無料のデータ通信サービス「HP DataPass」もバンドル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。