ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Xperia Z2やXperia Z2 Tabletで飛散防止フィルムの使用を中止

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony MobileがMWC 2014イベントで発表された「Xperia Z2」や「Xperia Z2 Tablet」などで「飛散防止フィルム(anti-shatter film)」を使用していないことを明らかにしたと伝えられています。Sony MobileはXperia X10以降のXperiaスマートフォン・タブレットのほぼ全てに、落下などで画面が割れてもガラス片が飛び散らないようカバーガラスの上に飛散防止フィルムという保護フィルムを貼り付けています。それがXperia Z2やXperia Z2 Tablet以降で廃止されたというのです。つまり、Xperia Z2やXperia Z2 Tabletの指に触れる部分はカバーガラスになるということです。飛散防止フィルムは上述の通り、意味を持つ部品なので廃止されたことでカバーガラスが飛び散る可能性は高まると思いますが、その一方で、タッチ感は良くなり、サードパーティの液晶保護フィルムを利用してもフィルムの2重装着によって表示が滲んだりすることもも軽減されることでしょう。Source : Android Central



(juggly.cn)記事関連リンク
PCのローカルストレージに保存した動画ファイルをChromecastにストリーミングできるChromeアプリ「Videostream for Google Chromecast」が公開
KDDI、3辺狭額縁デザインを採用したシャープ製Androidタブレット「AQUOS PAD SHT22」を本日発売
MWC 2014 : HP、2014年5月よりSlate 6/Slate 7 VoiceTabを欧州と中東で発売、2年間無料のデータ通信サービス「HP DataPass」もバンドル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP