ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

釈放されたティモシェンコ元首相が「やっぱり三つ編みヘアがかわいい!」と人気

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


反政権デモ隊が首都中心部を占拠し、ヤヌコビッチ政権が事実上崩壊したウクライナ。これに伴い、ユーリヤ・ティモシェンコ元首相が収監されていた病院から釈放され、独立広場で彼女の写真を掲げて待ちわびていた人々の前に姿を現しました。

2年半に及ぶ不自由な収監生活からくる疲労のせいか、車椅子に座ったままの状態で演説したティモシェンコ氏。以前よりやや太り顔がむくんでいるせいもあって年齢(53才)なりに老けて見えましたが、トレードマークの髪型はそのまま。以前と同じ「強い自分」を演出したい彼女なりのイメージ戦略だったのでしょう。

ティモシェンコ氏がこだわるこの髪型は、東欧女性の伝統的なヘアスタイルだそうです。彼女自身は、ウクライナ出身の女性作家『レーシャ・ウクライーンカ』のオマージュだと公言しています。三つ編みを頭にくるりと巻いた髪が王冠のように見えることから、海外では『Crown Twist Braid』と呼ばれ、気品高いお姫様ヘアスタイルとして人気が定着しています。映画では『スター・ウォーズ』のレイア姫、マンガでは『風の谷のナウシカ』のクシャナ姫が、まさにこれと同じ髪型をしていますね。日本でも明治から大正時代にかけてハイカラさんたちの間で“ガバレット”の名で流行したそうです。有名人では、黒柳徹子さんが時々こんなまとめ方をしています。

演説するティモシェンコ氏を見たネットユーザーは、

「ちょっと老けたけどやっぱり美人」
「スッピンでこれは美人だろ」
「相変わらず髪型かわいい」
「頑なに髪型を守るってアニメキャラみたい」
「ティモシェンコみたいな髪型にしてみようかな~」

と、やはり彼女の美貌と髪型に注目する人が多いようです。ただ美人なだけじゃなくて、裏では何をやっているかわからない冷徹さも持ちあわせていそうなところも人気の秘密でしょうか。彼女の政界復帰とともに、“ガバレット”人気も“モテ力”高めな女子の間で復活しそうな気配です。



まとめ方はいたってシンプル。後ろで太い三つ編みを作って、それをくるりと回してピンで止めるだけみたいです。

画像:
ユーリヤ・ティモシェンコ公式サイト[リンク]より引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP