体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スーモ地元自慢』したいから 地元の写真を撮るために雪の長野に行ってみた

善光寺

「ちょっと長野行ってきてくれる?」

「wosa記者、地元は長野でしたっけ」
はい、そうですが。
「ちょっと、長野行ってきてくれる?」
は?

聞けば、不動産サイトの『SUUMO(スーモ)』が、“スーモ地元自慢”の写真投稿サイトをオープンするという。
「いやぁ、サイトはまだオープンしていないんだけども、先んじて、地元の写真を撮ってきて欲しいんだよね。地元嫌い?」
いえ、好き、ですけど。
「じゃ、よろしく!」
ちょ、ちょっと……。

強引な編集部の依頼で、数時間後には長野新幹線のホームに並ぶ記者。

長野新幹線

折しもこの日はまだあの豪雪の影響で、各地の交通がマヒしているというタイミング。いくらなんでも長野新幹線は大丈夫だろう、と乗り込んだのだが、とんでもない乗車率!しかも東京駅まで僕が乗ってきた中央線、次の電車は止まってしまうトラブルに見舞われていた(あぶないー)。
危ういながらも無事に長野駅に到着できた記者。なんかツイてたなー、と思いつつ、編集部の依頼を思い出す。

「地元の面白い写真とか、ちょっとイイ画とか、自慢できそうな写真だったら何でもいいよー」

うーん、言いたいことはわかるがなんかアバウトだ。『SUUMO』ってあの緑の丸いキャラの不動産のところだよな……などと思いつつ、目線は駅ホームの立ち食いそばに。

そば屋 そば屋

長野駅のホームの駅そば、実は何気にクオリティが高いのだ。駅そばを食べつつ次に行くところを思案する。

駅そば

やっぱり知名度的には善光寺かなぁ。善光寺のすぐ近くで20年近く住んでいたので、市内から善光寺にかけてのエリアには明るいつもりだ。けれどもそこから20年近く経っているのでところどころが様変わりしているのも事実。

長野オリンピック

おやきは相変わらずあちこちで売られてますがね。

おやき

昔ながらの部分も新しい部分も楽しみつつ、『地元自慢』できるようなポイントを追っていくことに。

ローカル線『長野電鉄』を使って繁華街『権堂』まで足を伸ばす。長野電鉄、『モンスターハンター』とのタイアップで今は列車の発車音楽がモンハンなのにちょっとウケる。

長野電鉄モンハン電車

地上に出るとあちこちに雪が残る。

松竹相生座

もともと雪が多い地方ではあるものの、雪の少ない近年にしては良く降った方らしい。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。