ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全55曲完全収録! 桑田佳祐〈第二回ひとり紅白歌合戦〉のBD/DVD登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

桑田佳祐のライヴ映像作品「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」が、3月12日にBlu-rayとDVDでリリースされることがあきらかとなった。

桑田佳祐「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」
ジャケット画像

本作には、昨年12月に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで行われた桑田による4年ぶりの〈Act Against AIDS(AAA)〉コンサート企画〈昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦〉のステージを完全収録。計4公演のチケットが即完売となり、参加できなかったファンから映像化を求める声が殺到したほか、桑田自身にとっても会心のステージとなったため、今回のパッケージ化が決定したという。

ライヴは藤山一郎と高峰秀子から始まり、中島みゆき、尾崎豊、松任谷由実、槇原敬之、西城秀樹、由紀さおり、坂本九、ちあきなおみ、ザ・ドリフターズ、沢田研二、アン・ルイス、小泉今日子、島倉千代子、北島三郎、美空ひばり、aiko、いきものがかり、奥田民生、斉藤和義、佐野元春、レディー・ガガ、三波春夫、和田アキ子らの新旧の名曲を一気に楽しめるもの。披露された55曲すべての収録許可を取り、白組と紅組が交互に歌っていく構成や曲順、対決の妙も含め、桑田が練り上げたステージを堪能できる内容となっている。収録曲は下記の通り。桑田のYouTube公式チャンネルではトレイラー映像も公開中だ。

なお、Blu-ray/DVD共に初回プレス分はシルバースリーブケース付きで、未公開のライヴ写真を使ったダブルジャケット仕様に。この作品の収益金の一部は、AAA事務局(http://www.actagainstaids.com/)を通じてさまざまなエイズ啓発活動に使用される。

 

 

〈桑田佳祐 「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」収録内容〉
1. 東京ラプソディ(藤山一郎/1936)
2. 銀座カンカン娘(高峰秀子/1949)
3. 銀河のロマンス(ザ・タイガース/1968)
4. 虹色の湖(中村晃子/1967)
5. スワンの涙(オックス/1968)
6. 涙の季節(ピンキーとキラーズ/1969)
7. 小さなスナック(パープル・シャドウズ/1968)
8. 涙のかわくまで(西田佐知子/1967)
9. エメラルドの伝説(ザ・テンプターズ/1968)
10. 京都の恋(渚ゆう子/1970)
11. 若者たち(ザ・ブロードサイド・フォー/1966)
12. この広い野原いっぱい(森山良子/1967)
13. 風(はしだのりひことシューベルツ/1969)
14. なごり雪(イルカ/1974)
15. 22才の別れ(風/1975)
16. わかれうた(中島みゆき/1977)
17. I LOVE YOU(尾崎豊/1991)
18. 恋におちて -Fall in love-(小林明子/1985)
19. リバーサイドホテル(井上陽水/1982)
20. 桃色吐息(髙橋真梨子/1984)
21. 遠く遠く(槇原敬之/1992)
22. 春よ、来い(松任谷由実/1994)
23. グッド・ナイト・ベイビー(ザ・キング・トーンズ/1968)
24. 小指の想い出(伊東ゆかり/1967)
25. 星のフラメンコ(西郷輝彦/1966)
26. 太陽がくれた季節(青い三角定規/1972)
27. 傷だらけのローラ(西城秀樹/1974)
28. 手紙(由紀さおり/1970)
29. 港町ブルース(森進一/1969)
30. 恋の奴隷(奥村チヨ/1969)
31. シクラメンのかほり(布施明/1975)
32. みずいろの手紙(あべ静江/1973)
33. 東京砂漠~おいしい秘密(内山田洋とクール・ファイブ/1976、桑田佳祐/2013)
34. 北の宿から(都はるみ/1975)
35. 見上げてごらん夜の星を(坂本九/1963)
36. 喝采(ちあきなおみ/1972)
37. ドリフメドレー 
~チョットだけョ!全員集合(ザ・ドリフターズ/1973)
~ドリフのズンドコ節(ザ・ドリフターズ/1969)
~ドリフのビバノン音頭(ザ・ドリフターズ/1973)
38. Jupiter(平原綾香/2003)
39. カブトムシ(aiko/1999)
40. ありがとう(いきものがかり/2010)
41. イージュー★ライダー(奥田民生/1996)
42. やさしくなりたい(斉藤和義/2011)
43. 六本木心中(アン・ルイス/1984)
44. TOKIO(沢田研二/1980)
45. なんてったってアイドル(小泉今日子/1985)
46. 男の子女の子(郷ひろみ/1972)
47. どうにもとまらない(山本リンダ/1972)
48. Born This Way~東京五輪音頭~Born This Way(レディ・ーガガ/2011、三波春夫/1964)
49. SOMEDAY(佐野元春/1981)
50. ひだまりの詩(Le Couple/1997)
51. アンパンマンのマーチ(ドリーミング/1988)
52. 愛のさざなみ(島倉千代子/1968)
53. 帰ろかな(北島三郎/1965)
54. 川の流れのように(美空ひばり/1989)
55. 笑って許して(和田アキ子/1970)
※カッコ内はオリジナル・アーティスト/発表年

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。