ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生徒が“崖っぷちアーティスト”をプロデュース?! 最近の専門学校の授業とは

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は専門学校生が“崖っぷち”なアーティストをプロデュースしているという、少々珍しいオハナシを。

この取り組みを行っているのは、東京・代々木にある『専門学校 東京スクール・オブ・ビジネス』(TSB)。
こちらでは、『生徒がアーティストをプロデュース!』というテーマで、TSBがアーティストユニット『Verge』(ユニオンミュージックジャパン所属)を実際にプロデュースしているのだ。

こちらの“授業”は昨年から始まったもので、通年で行われているそうだ。
実際に活動しているアーティストに対し、授業の一環として関与するのは(近年増えてきたとはいえ)まだ珍しい取り組みと言えよう。

vergeというアーティスト

『Verge』は“和”をコンセプトに、着物をイメージした衣装や楽曲に三味線など日本の文化を取り入れた、山本夢・北村静香による音楽ユニット。
正直なところ、「まだまだ認知度が高いとは言えない」そうだ。

もともとはアイドルユニット『C-Zone』の6期生としてデビューしたものの、なかなかブレイクしなかったという。「ヤバい、このままじゃ先が見えない……」という“崖っぷち”状態の結成をふまえ、『Verge』(限界、境界、崖)と名付けられた経緯を持つユニットだ。

「産学連携」のプロジェクト

そもそもは、担当事務所(ユニオンミュージックジャパン)が学校側に「学園祭でステージを設けて頂けないか?」と持ちかけたのがきっかけ。
これを受け「産学連携(教育機関と民間企業の連携)として」プロジェクトがスタートした。

ほとんどの生徒たちはVergeを知らない状態から、授業はスタート。それまで全く知らなかったアーティストをプロデュースしないといけない上に「何をすればいいか分からない」状態でのスタートだったという。

まずは、シングル曲の5タイトル同時配信を目標に、CDジャケットの企画を行った。5タイトルすべてに学生のアイデアが込められ「個性ある作品」になった。
また、衣装に関してはファッションビジネス科と合同で作成。くわえて、ライブイベントの企画にも取り組んだ。

この『崖祭』と名付けられたライブイベントは今年2回目となる。“崖っぷちアーティスト”のためのこのライブ、2014年は2/24(月)に初ワンマンライブとして『浅草KURAWOOD』行われる予定だ。

今後の成功事例となるか

授業を通じ、生徒は次のように語っている。
「この授業は、エンタメ業界を目指している自分にとって、とてもタメになっている。すべてが新鮮で、この授業でしか得られない勉強や経験ができる。実際の仕事の流れを今の時点で知ることができるのが嬉しい。」(畠山大地さん)

講師の藤川先生は「業界を目指しているだけに、(生徒たちが)授業に対して積極的で一生懸命。講師陣が生徒たちの熱にプレッシャーを感じたこともありました。1年共に頑張った生徒たちなので、いつか仕事の現場で会えるといいですね!」と語った。

今後ますます多様さを増していきそうな「産学連携」の取り組み。
2/24は“崖っぷち”を感じさせないほどの熱いライブになり、「地に足のついた事例のひとつ」となる事を期待したい。

Verge
http://www.verge.jp/

『Verge レコ発ワンマンライブ』
日時:2014年2月24日(月)18:30開場/19:00開演
開場:浅草KURAWOOD
Tel:03-5827-1234
住所:東京都台東区駒形1丁目3-8ベッコアメ浅草ビルB1F

カテゴリー : エンタメ タグ :
wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP