ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年02月10日~02月16日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年02月10日~02月16日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:山羊座

これまでと全く違った世界が開けるときです。興味を持ったことや挑戦できることには積極的に関わっていきましょう。判断力が冴えているときでもあるので取捨選択も誤らないはずです。バレンタインデイは友人や仲間の協力が成功の鍵。勇気を持って挑むことが吉。

第2位:獅子座

成否を分けるのは事前の準備をどれだけ入念にできたかに掛かってきそう。交渉事は攻めの姿勢で吉と出るでしょう。ただし無理は禁物。引き際を見極めることが大事。バレンタインデイは恋人たちのイベントとして盛り上がるよりも家族や親しい人との時間を大切に。

第3位:水瓶座

新たな自分を発見する週となるかもしれません。これまでの道行きを振り返りつつ先のことを計画的に考える良いタイミングではないでしょうか。バレンタインデイは不安が払しょくされる兆し。また過去に終わった恋や友人関係に復活の可能性もあるかもしれません。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/512101 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:射手座
人との交流や絆が運気を上昇させる鍵となりそうです。自分ひとりでどうにかしようとせず周囲の協力を素直に仰ぐことが問題解決への近道に。また新たな交流は良い刺激となりそうです。バレンタインデイは待ちの姿勢よりも攻めの姿勢で押したほうが良いようです。

第5位:蟹座
過去に失敗したことや取りこぼしたことにもう一度チャレンジするチャンスがめぐってくるときです。すぐに結果が出なくても諦めず前に進むタフさが成功の鍵となるでしょう。バレンタインデイは積極性が肝心です。ためらいは捨て自分の気持ちに素直になりましょう。

第6位:蠍座
地道にがんばってきたことについてはそれ相応の評価が得られるでしょう。努力してこなかった人は当然それなりの低い評価となりそうです。バレンタインデイは高望みすると失敗する可能性が高いでしょう。多くを望まず等身大の自分に見合った結果を受け入れること。

第7位:牡牛座
可もあり不可もあるかわりに大きな波には見舞われない週となりそうです。今のうちに片付けておきたかったことをやってしまうのも良いでしょう。バレンタインデイは心配していたことが的中してしまうかもしれません。事前にできる準備はしておくことが肝要です。

第8位:乙女座
つまづいたときはもう一度スタートラインに立ってみることが効果的かもしれません。あせって結果を出そうとするよりも長期的な目で見ることが遠回りでも成功への近道です。バレンタインデイは努力しても不満が出るようなことによってストレスがたまりそうです。

第9位:双子座
運気はイマイチの様相。軽率な言動が余計なトラブルを招く原因になりかねないので気をつけて。自分の楽しみよりも人を喜ばせることを優先することが運気アップの鍵。バレンタインデイは誘惑に負けないことが成功する秘けつ。思い込みや先走りには注意すること。

第10位:牡羊座
運気は不調の様子。特に対人面で親しい人との間に亀裂が生じる可能性が。話し合う時間を惜しまないことが問題回避の近道となるでしょう。バレンタインデイは過度の期待を抱くと失望するかもしれません。与えたもの以上を欲しがらないこと。機転のきく言動が吉。

第11位:天秤座
これといって心躍るようなことがない一週間となるかもしれません。しかし大きな喜びを求めるのではなく小さなことに楽しみを見出すことで平和で穏やかな時間を過ごすことができるでしょう。バレンタインデイ前後は体調管理に注意。風邪をひくと長引きそうです。

第12位:魚座
運気は低調。骨折り損のくたびれもうけといったトラブルに巻き込まれるかもしれません。できるだけ疲れやストレスをためないように休息はしっかりとりましょう。バレンタインデイは口論に注意。口は災いのもととも言います。冗談のつもりでも嫌味などは厳禁です。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP