体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30代感涙!青春の体感ゲームを東京で遊ぶ!

dpp_0041

「80年代のセガ体感ゲーム」と聞いてピクッと反応する人に悪い人はいません!(再)

1980年代に盛り上がった“体感ゲーム”のムーブメント。以前にお伝えしたように(30代必見!80年代セガ体感ゲームが遊びまくれる夢のお店)、これらのゲームに青春をささげた人は多いと思いますが、その一方で当時のゲームを“2010年の今”当時のまま遊べる環境は意外と少ないのです。そのため筆者はこれらの体感ゲームを遊ぶためだけに北海道・札幌まで出かけていったわけですが(前回記事参照)、東京にも稼働する体感ゲームがまだ現存することが判明しました!

img_7307

そのお店は『あなたのウェアハウス 東雲店』。りんかい線・東雲駅から徒歩10分ほど。東京ビッグサイトやお台場からほど近い立地にあります。

dpp_0053

こちらのお店はかなりの大規模なアミューズメントセンター。凝った内外装で数フロアにわたってゲームやビリヤード・ダーツなどが取り揃えられています。そして、その一角にあるのが“レトロゲームコーナー”。だいたい一般的なゲームセンターにある“レトロゲームコーナー”は、申し訳程度にマイナーな古いテーブルゲーム機が数台並べられて……というような感じですが、こちらのお店は一味違います!

まずレトロゲームコーナーに足を踏み入れると目の前にどーんと見えるのが……。

dpp_0052

いきなり初代『ストリートファイター』のアップライトきょう体(1987)!

img_7309

そう、巨大なボタンを手のひらで力いっぱい押し込んで「波動拳!」とやるアレです。みなさん覚えていらっしゃいますでしょうか。その後一時代を築いた「対戦格闘ゲーム」のまさに原点ですね。

dpp_0040

そしてその奥にずらりと並ぶ体感ゲームの数々。

『ハングオン』(1985・シットダウンタイプ・故障中)
『スペースハリアー』(1985・デラックスきょう体)
『アウトラン』(1986)
『アフターバーナー2』(1987・コマンダータイプ)
『スーパーハングオン』(1987)
『ラッドモビール』(1991)
『バーチャレーシング』(1992・ツインタイプ)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会