ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidの定番ファイル管理アプリ「ESファイルエクスプローラー」がv3.1にアップデート、ファイルを種類別に表示することやWEB検索が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidの定番ファイル管理アプリ「ESファイルエクスぷローラー」がv3.1にアップデートされました。今回のアップデートで、アプリトップ画面に「Homepage」パネルが追加されました。これはダッシュボード機能のようなもので、パネル上には、ストレージ内のファイルを種類別(音楽/動画/写真/アプリ)に表示するショートカット、WEBからのダウンロードファイルが保存されるダウンロードフォルダのショートカット、内蔵ストレージ/Micro SDカードフォルダのショートカット、ストレージサービスのショートカット(クラウドやLANなど)、アプリ内蔵ツールのショートカットが並びます。ファイルを種類別に表示できるのは探しやすくて良いですね。個人的には「APK」ショートカットでインストールしたアプリのapkファイルを一覧できる機能が気に入りました(アイコン表示で見やすく、素早く共有できるからです)。他の新機能としては、WEB検索機能が追加されました。アプリの検索ボックス右端のボタンを押すと、設定した検索エンジンを利用してWEB検索を実行できるというものです。検索エンジンは設定メニューの「Search engine setting」で切り替えられます(デフォルトはGoogleです)。内蔵ストレージの検索を実行する場合はテキストボックス右隣の端末型アイコンをタップします。ESファイルエクスプローラー」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
シャープ、ソフトバンク向け「AQUOS PHONE 103SH」とディズニーモバイル向け「DM012SH」のソフトウェアアップデートを配信開始
Evernote、サーバとクライアント間のデータ同期速度を改善、従来よりも4倍高速になったそうです
ASUS Japan、Micro HDMI端子を備えたNexus 7(2013)用のドッキングステーションを1月31日に国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP