ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第56回グラミー賞でダフト・パンクが最多5部門獲得! ポール&リンゴ共演も実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


ダフト・パンク (C) 2014 WireImage

 

アメリカの権威ある音楽賞、第56回グラミー賞の授賞式が現地時間の1月26日、LAのステイプル・センターにて開催された。

 


マックルモア&ライアン・ルイス

 

今回は、主要4部門のうち〈Record Of The Year〉と〈Album Of The Year〉をダフト・パンク、〈Song Of The Year〉をニュージーランド出身の弱冠17歳のシンガーであるロード、〈Best New Artist〉をヒップホップ・デュオのマックルモア&ライアン・ルイスが獲得。ダフト・パンクはこのほかにも〈Best Dance / Electronica Album〉など、最多となる計5部門を受賞した。なお、マックルモア&ライアン・ルイスは4部門、2013年に音楽シーンへのカムバックを果たしたジャスティン・ティンバーレイクは3部門、ロードは2部門を獲得。日本人ヴァイオリニストの五嶋みどりが演奏で参加したアルバム『Hindemith: Violinkonzert; Symphonic Metamorphosis; Konzertmusik』も〈Best Classical Compendium〉の栄冠に輝いた。


ビヨンセ(Photo by Getty Images)

授賞式では、豪華アーティストによるパフォーマンスも行われ、スタートを飾ったビヨンセとジェイ・Zを皮切りに、ケンドリック・ラマー&イマジン・ドラゴン、ポール・マッカートニー&リンゴ・スター、ダフト・パンク&ファレル・ウィリアムス&ナイル・ロジャース&スティーヴィー・ワンダーといった、グラミーならではのスペシャルなコラボも実現。最後はデイヴ・グロール、トレント・レズナー、ジョシュ・オムとフリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムによる共演ライヴで幕を閉じた。

 

〈第56回グラミー賞〉主要部門受賞アーティストおよび作品
【Record Of The Year】
・DAFT PUNK Featuring PHARRELL WILLIAMS & NILE RODGERS “Get Lucky”

【Album Of The Year】
・DAFT PUNK 『Random Access Memories』

【Song Of The Year】
・LORDE “Royals”

【Best New Artist】
・MACKLEMORE & RYAN LEWIS

【Best Pop Vocal Album】
・BRUNO MARS 『Unorthodox Jukebox』

【Best Dance / Electronica Album】
・DAFT PUNK 『Random Access Memories』

【Best Rock Album】
・LED ZEPPELIN 『Celebration Day』

【Best Alternative Music Album】
・VAMPIRE WEEKEND 『Modern Vampires Of The City』

【Best Urban Contemporary Album】
・RIHANNA 『Unapologetic』

【Best R&B Album】
・ALICIA KEYS 『Girl On Fire』

【Best Rap Album】
・MACKLEMORE & RYAN LEWIS 『The Heist』

【Best Jazz Vocal Album】
・GREGORY PORTER 『Liquid Spirit』

【Best Jazz Instrumental Album】
・TERRI LYNE CARRINGTON 『Money Jungle: Provocative In Blue』

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP