ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どんな話を予想する? “超秘密主義”なクリストファー・ノーラン監督最新作 『インターステラー』 特報解禁!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


公開当時、『ダークナイト』で全米興行成績歴代2位という驚愕の数字を叩き出したクリストファー・ノーラン監督。彼が手掛けた『ダークナイト』3部作は、シリーズ累計で世界興行収入約2460億円突破の社会現象を巻き起こし、彼の代表作の一つ『インセプション』では世界で興行収入約820億円を記録。その無尽蔵の才能は、架空の街もキャラクターも、人の頭の中さえも、リアルな映像として観客に突き付け、常に天才とは何かを我々に見せつけてくれます。

今のハリウッドにおいて、彼を超える映画監督は存在しない―と言っても過言では無いでしょう。sんな、クリストファー・ノーラン監督待望の最新作、『インターステラー』(原題:INTERSTELLAR)が今年12月12日(金)の日本公開が決定(全米公開:11月7日)。最新映像も初解禁となりました!

クリストファー・ノーランの原案と、ジョナサン・ノーランの既存の脚本を融合させたプロットを基に、最終的な脚本が作られた本作。全米ではクランクイン前から多くの噂や憶測が飛びかい、予想サイトまで立ち上がり、ストーリーを解明しようと多くのファンが躍起になるほど。ネット上で大きな話題を巻き起こしています。

2013年8月13日からカナダのアルバータ州で撮影が開始されたが、超秘密主義のノーランは徹底した情報統制を敷き、パパラッチも完全シャットアウト。内容に関しては「新たに発見された宇宙のワームホールを利用し、惑星間を旅する人類の限界を超越した冒険を追っていく」とだけ明かされており、その全貌は一切謎のベールに包まれたままなのです。

解禁された映像でも、多くは語られていません。歴史に残る人類の偉業をまとめた映像で構成され、『インターステラー』の映像はほんのわずか。飛び立つロケットを見上げる人々と、「失敗の許されない、人類最大の挑戦が始まる」と意味深な言葉で締めくくられている。その謎はさらに深まるばかり。本作のコンサルタントと製作総指揮を務めるのは、著名物理学者キップ・ソーン。重力理論、ブラックホール、宇宙論の研究をしており、著書「ブラックホールと時空の歪み アインシュタインのとんでもない遺産」で一躍有名になった人物だ。ノーランとソーン二人の天才が仕掛ける、想像を超えた世界は一体どのような衝撃を与えてくれるのか? 公開までの1年間、私たちは焦らされ続けることになりそうです!

出演は、『ダラス・バイヤーズクラブ』で本年度アカデミー賞主演男優賞のノミネートされているマシュー・マコノヒー(『マジック・マイク』『Mud』)、米アカデミー賞受賞のアン・ハサウェイ(『ダークナイト ライジング』『レ・ミゼラブル』)など豪華キャスト。

今後も新しい情報が到着次第ご紹介する予定なので、ノーラン信者はガジェット通信もチェックしてみてね!

クリストファー・ノーラン監督最新作 『インターステラー』 特報!
http://www.youtube.com/watch?v=tar_G23kWgg

『インターステラー』
12月12日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP