ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年01月27日~02月02日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今週の1位
タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年01月27日~02月02日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:獅子座

運気は好調。環境や状況の変化がチャンスをもたらしてくれるでしょう。交渉事は積極的に攻めて吉と出そう。ただし相手の立場を慮ることも忘れないで。また口は災いのもととなりやすいので余計なことは言わないほうが吉。休みの日はしっかり休息にあてるように。

第2位:山羊座

特に大きな変化は訪れない週となりそうです。今のうちに英気を養うことが肝要。時間のあるときに世界を広げることも次へのツキにつながるでしょう。興味のある分野の情報には目を光らせておくと吉。また現状改善の機会でもあります。まだ工夫の余地がありそう。

第3位:射手座

真面目に頑張れば頑張ったぶんだけの見返りが期待できそうです。特に自ら表舞台に立つような仕事よりも地道な縁の下の力持ちのような仕事が高く評価されるでしょう。ストレス解消や気分転換には小旅行が吉。これまで行ったことのない場所に出掛けると良さそう。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/502171 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:乙女座
思ったことや言いたいことは積極的に発言していきましょう。言葉にしなければ伝わらないことはたくさんあります。しかし感情や気分で気まぐれに周囲の人を振り回すのは禁物。特に計画していることの見切り発車は無駄な時間を費やすだけでなく信頼も損ねる恐れ。

第5位:双子座
かねてより計画していたことを実行に移す時がきたようです。しかし最初のうちはうまくいかないことが多いでしょう。そこで腐らず長期的な目で取り組むことが重要になってきます。目先のことにとらわれないように注意です。対人運は好調なので交流を活発にして。

第6位:水瓶座
週の前半はイライラすることが多く精神的に落ち着きがない日が続きそうです。体調まで崩さないように気を付けて。木曜日から徐徐に運気は上昇傾向に。問題解決の希望が見えてきそうです。週末は積極的に出掛ける計画を立てて。お金をあまりかけずに遊ぶのが吉。

第7位:牡牛座
自分の力不足を実感するようなことがありそうです。しかし卑下したりいじけたりするのではなく素直に周囲に助けを求め教えを乞うことが大事。そこから大きな成長を得ることが出来るでしょう。生活リズムの崩れには注意が必要です。特に睡眠不足は万病の原因に。

第8位:蠍座
新しいことへの挑戦が運気を上昇させる秘けつ。知識がないことでも尻ごみせずにチャレンジしていきましょう。過去の経験にとらわれず新人や素人の心構えで取り組むことが吉。週末はガッカリすることがあるかもしれません。連絡ミスなどにはくれぐれも注意が必要。

第9位:天秤座
気持ちにムラのある週となりそうです。気分の乗っているときに優先度の高いものから片付けていくよう計画性を持って行動することを心掛けましょう。気分が乗らないときは無理しないこと。悩みごとや困りごとは目上の人に相談すると良いアドバイスがもらえそう。

第10位:蟹座
勇み足で行動すると失敗する可能性が。動く前にまずはよく吟味することを習慣づけて。特に人の話をちゃんと聞かずにケアレスミスをおかす傾向にあるので気をつけましょう。感性が豊かになってる時なので芸術鑑賞などにツキがありそうです。休日に足を運んでみて。

第11位:魚座
物事が思うようにうまく運ばないのは多くのことを望み過ぎているからかもしれません。小さなことから少しずつクリアしていくことを目標にして実績を重ねていきましょう。今を耐えることが未来につながるのです。謙虚に人の話に耳を傾けることが運気アップの鍵に。

第12位:牡羊座
周囲に頼らず自分の手で何とかしなければならない事態に直面するかもしれません。しかしこれを乗り越え経験することによって人間としての厚みが増し次へ生かしていくことができるようになるでしょう。過去のネガティブな印象にとらわれないことが成功の鍵です。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。