体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実際の海賊襲撃事件を元にした『キャプテン・フィリップス』が3月21日BD/DVD発売 初回特典に海賊ガチ特集の冊子が封入! 当時の船長インタビューつきトレーラーも本邦初公開

エンタメ 映画
JK写真

第86 回アカデミー賞作品賞・助演男優賞など計6部門、第71回ゴールデン・グローブ賞作品賞(ドラマ部門)・主演男優賞など計4部門にノミネート。オスカー俳優トム・ハンクスと『ボーン・アルティメイタム』の監督ポール・グリーングラスが描く、『キャプテン・フィリップス』のBlu-ray&DVD が3月21日(金)にリリース決定。

『キャプテン・フィリップス』は2009年4月、インド洋ソマリア沖で実際に起きた海賊によるマースク・アラバマ号襲撃事件の回顧録をもとに描かれた社会派サスペンス。主演を演じるオスカー俳優トム・ハンクスが、乗組員の解放を条件に1人監禁される人質の恐怖と、船長としての威厳の間で揺れる心情をリアルに演じている。

『Newsweek 日本版』が映画と初コラボ! 海賊事件を掘り下げた冊子が特典

特典画像

この度、実話をもとに映画化された『キャプテン・フィリップス』と、ニュースの裏側を徹底的に掘り下げ報道をする『Newsweek 日本版』がコラボレーションし、世界の海賊事件について『キャプテン・フィリップス』のために特別に書下ろした冊子が初回生産限定Blu-ray に特典として封入されることが決定した。

『キャプテン・フィリップス』に描かれた、ソマリア沖を中心に活動する海賊たちが、「どうして海賊にならなければならなかったのか」、「なぜ海賊被害は現在も増え続けているのか」、「どうやって武器や活動資金を手にしているのか」など、“ソマリア海賊の真実“を解き明かす内容となっている。ソマリア近郊の海域は、様々な荷物を満載した大きな貨物船やタンカーが行き来する世界経済の大動脈となっており、2011年3月に日本船が海賊に襲撃されるなど、実は日本人の日常生活にも大きく影響する国際問題となっている。『キャプテン・フィリップス』同様、実際に国際社会で起こっている現実問題を深く掘り下げており、映画ファンのみならず注目すべき特典であるだろう。

船長のフィリップス氏によるインタビュー動画も掲載

キャプテンインタビュー_抜き

本作のもととなった回顧録の著者フィリップス氏のインタビュー付きトレーラーを初公開!フィリップス氏がマースク・アラバマ号襲撃事件について語るのは日本では今回が初めて。インタビューでは「海賊は人殺しをする、テロリストだ!」と、海賊に対する生の声や、人質にとられた当時の様子などを振り返った。

1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会