ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ショコラ特集】女性を表現したチョコレート!? 『ピエール・ルドン』独創的な新作粒が期間限定にて登場!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


年に一度しか味わえないベルギーの高級ショコラ『Pierre Ledent(ピエール・ルドン)』から、2014年1月下旬よりバレンタイン期間限定で新作ショコラアソートが発売されます。


ショコラティエ『ピエール・ルドン』が生み出す彼のチョコレートは華やかでやわらかなテクスチャーが特徴。彼が今までの人生で出会った魅力的な女性たちをチョコレートで表現しているのだとか。なんとチョコレート粒にも女性の名称が名づけられております。

そのこだわりの2014年『ピエール・ルドン』新作ショコラをご紹介いたします。

2014年『ピエール・ルドン』新作ショコラをご紹介


日本限定の新作ショコラ粒は2種類、登場。

■Lilly 「リリー」
ホワイトショコラ、ゆずキャラメル、レモングラスを用いたショコラ。国産ゆず果汁を使用した優しい酸味のゆずキャラメルにハーバルな香りのレモングラスがアクセントに効いています。

■Samanta 「サマンタ」
ビターショコラ、ラズベリー・ストロベリーガナッシュ、ユーカリが使われたベリー色のチョコレート。甘酸っぱく風味豊かなラズベリーとストロベリーのガナッシュにクリアでフレッシュなユーカリの香り。

試食したチョコレート好き編集部スタッフも「凄く絶妙なバランスで作られた、印象に残るチョコレート。ビターショコラとラズベリー・ストロベリーガナッシュと聞いただけで、濃厚な味を想像しちゃうけど、ユーカリがそこにプラスされて口の中に清涼感が漂います!」と、ご満悦のコメント。

「シャトーリュクス・ソレイユ」


新粒が3粒入ったギフト向けボックスは、太陽のイエローに芽吹きのグリーンのモノグラムをあしらわれております。ピエール・ルドンの2014年のテーマ「Jardin au Soleil(太陽の庭)」をそのまま表現したそう。

ショコラティエの理想の女性をイメージしたチョコレート達。ぜひ一度お試ししてみては?

『Pierre Ledent(ピエール・ルドン)』は全国の有名百貨店にて期間限定での販売です。

~ショコラティエ紹介~
■Pierre Ledent (ピエール・ルドン)について

首都ブリュッセルより 95 キロ東に位置するベルギーの古都リエージュ出身のショコラティエ・パティシエ。リエージュの老舗パティスリー・ブランジェリーの 3 代目。幼少時から家業の手伝いとしてパティスリーに携わり、3年次制の製菓学校をわずか 2 年で卒業。その後フランスでの修行を経て、ショコラティエとして独立。世界各国のコンクールにて数々の賞を受賞し、故郷にショコラ工房を開業する。2010 年 11 月には、首都ブリュッセルのグラン・プラス近郊に待望のサロン・ド・テをオープン。地元の方のみならず、世界中の観光客からも人気のブティックとなっている。
ベルギーの伝統的な製法に基づきつつも、カカオの香り、フルーツやナッツの素材をいかした独創性なショコラを作り出す。今年の新粒を含め、更なる挑戦をし続ける注目のショコラティエ。

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP