ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungの新しい型番規則を採用した「SM-S780L」がWi-Fi Allianceの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの未発表スマートフォン「SM-S780L」が1月20日付でWi-Fi Allianceの認証を取得しました。認証資料によると、「SM-S780L」はAndroidを搭載しているようですが、「Android:unspecified」とこれまでに見たことのない「unspecified(不特定)」の文字が追加されています。Androidバージョンが特定されていない?それともOSが特定されていない?何を意味して追加されているのか分かりません。認証資料の表示は少し奇妙です。また、「SM-S」で始まる新たな型番規則を採用しています。新しいスマートフォンシリーズなのでしょか。この2つの未知の情報に関連性があるのかどうかもわかりませんが、とくかく、今後「SM-S」の型番を持つスマートフォンが発売されることになります。認証資料からは上記のほか、IEEE802.11a/b/g/n/ac/h、Wi-Fi Direct、Miracast、Passpointに対応していることも確認できます。Source : Wi-Fi Alliance



(juggly.cn)記事関連リンク
ヤマハ、スマートフォンでドラム演奏を楽しめるアプリ「Song Beats」のAndroid版をauスマートパス向けに配信開始
Polar、リストバンド型アクティビティトラッカー「Polar Loop(日本語版)」を1月30日に発売
Xperia Z1 Compact対応のClockworkModリカバリが早くもリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP