ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お取り寄せ】カレーに負けない牡蠣の味を堪能! 『かきカレー』は“とっても牡蠣!”なのにしっかりスパイシー!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回のお取り寄せは『かきカレー』。広島県の自然豊かな瀬戸内海でとれる「広島県産かき」は全国でも知名度の高いもの。「広島かき」のブランドとして、瀬戸内海の特産物となっています。そんな広島かきを使用し、昨年「NIKKEIプラス1【ご当地レトルトカレー食べ比べ】ランキング」でも1位を獲得したレインボー食品の『かきカレー』をお取り寄せ!

瀬戸内海でとれた美味しい牡蠣を玉ねぎと牛乳、バター、トマトペーストやココナッツで仕上げた特製カレーソースで煮込んだ、本格的な“かきカレー”。

レトルトなので、温めてごはんにかけるだけで目の前に牡蠣入りのカレーが! レトルトパウチの封を切ると、魚介の香りがふわっと漂います。


サラッとしたルーに、丸々とした牡蠣がゴロッと入ったカレーは、見た目にも豪華で嬉しい。自分ではなかなかカレーに牡蠣をいれるという贅沢はできませんが、これなら味のバランスと風味にこだわった特製の“かきカレー”を手軽に味わうことが出来ます。

食べてみた感想は?

・牡蛎のうまみがルーにしっかり溶け込んでいるうえに牡蛎もたっぷり入ったカレー。これが家にストックされていたらうれしい。家族に秘密でちょっぴり贅沢をしたいときに食べるのです。ふっふっふ。

・ルーに牡蠣のエキスが、びっくりするほどたっぷりと溶け込んでいます。カレーに負けない牡蠣の主張がすごい! 牡蠣好きには堪らないカレーです。魚介のうまみでマイルドかと思いきや、スパイシーな辛みも強く、とても面白いカレーでした。たまに食べたくなりそうなクセになる味。

・ルーの中にしみ出ているカキの美味しさ。この一言に尽きます。牡蠣好きにとっては至福のカレーではないでしょうか。辛みはじわっと後からしっかりと効いてくる中辛です。

・牡蠣がゴロゴロはいってる。貝類はすこし苦手なんですがこれなら食べられる! 牡蠣のうまみが良く出てる! 辛さもしっかり出ていてご飯がすすみます。

・スパイシーさと牡蠣のバランスがとてもよく、どちらの風味もそれぞれ生きています。

・「これでもかっ!」ってくらいに“牡蠣感”満点のかきカレー。牡蠣の身と一緒に味も香りも牡蠣たっぷりのルーをかきこむと、口の中はもう瀬戸内海です。

広島名産【かきカレー】
内容量:200g(1人前)
定価:525円(税込)※別途送料

レインボー食品ネットショップ
http://www.rainbowshokuhin.co.jp/p/item-detail/detail/i1.html

(写真撮影:ガジェット通信撮影班 周二郎探検隊)

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP