ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidアプリ「Recacon」にSonyのQXレンズカメラなどを監視カメラとして活用できる「モーションディテクター」モードが追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SonyのQXレンズスタイルカメラやリモート撮影対応サイバーショット向けのカメラアプリ「Recacon」に、監視カメラとして活用できる「モーションディテクター(動体検知)」モードが追加されました。モーションディテクターモードは、リモートカメラが被写体の動きを検知すると自動でシャッターを切って写真を撮影する機能です。誰もいない別の部屋や玄関などの自宅周辺の監視、ペットの動きの自動撮影などに役立ちます。リモート撮影の利用範囲がWi-Fi電波の届く範囲に限られるので、外出している間の映像を見たり、撮影された写真をリアルタイムに確認することはできません。モーションディテクターモードは、アプリのモード選択画面で「モーションディテクター」を選択するだけで利用できます。Recaconではカメラの映す風景の変化の度合いが「しきい値」以上になると撮影されます。しきい値はユーザー側で変更可能です。また、カメラ感度の調節やズームイン/ズームアウトも設定できます。「Recacon」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
「HP Slate 7 Extreme」の国内発売日は1月24日
Galaxy S III/S 4用タブレット・ノートPCドック「TransMaker」の資金調達キャンペーンが中止に
この映像がAndroid 4.4.2バージョンのXperiaのブートアニメ?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP