ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huaweiも64bit対応のスマートフォン向けSoCの開発を計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HuaweiのCEOを務めるRichard Yu氏がHisiliconのスマートフォン向け新プロセッサに関する情報をWeiboでシェアしていました。Yu氏によると、Huaweiは28nm HPMプロセスの下でCortex-A9ベースのクアッドコアSoCとCortex-A15×4+Cotex-A7×4のオクタコアSoCを開発しています。どちらも、GSM/WCDMA/TD-SCDMA/TD-LTE/FDD-LTEに対応したマルチモードモデムを組み合わせることが可能です。これらはAscend Mate 2やAscend P6Sに搭載されてまもなく市場に投入されます。Yu氏は別の投稿で、64bit対応SoCの開発についても言及していました(投稿は削除されていますが)。投稿によると、HuaweiはCortex-A57とCortex-A53を組み合わせたオクタコアSoCで同社初の64bit対応化を計画しており、年内中にも市場に投入される予定です。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、韓国におけるGalaxy Noteシリーズの累計出荷台数が1,000万台を突破したと発表
Geeksphone Revolutionの製品デザインが判明
Google Nowが今後デスクトップ版Chromeで利用可能になる、Canaryビルドには実装済み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP