ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年1月)、依然としてJelly Beanのシェアが拡大し、60%に近づく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのAndroid Developersサイトで2014年1月8日までの7日間におけるAndroidのバージョン別シェアが公開されました。対象期間に2013年12月が含まれていなかったので、今回は2014年1月分としています。バージョン別シェアの順位は、1位がJelly Bean(54.5%→59.1%)、2位がGingerbread(24.1%→21.2%)、3位がICS(18.6%→16.9%)、4位がFroyo(1.6%→1.3%)、5位がKitKat(1.1%→1.4%)、6位がHoneycomb(0.1%→0.1%)という結果でした。初登場1.1%のシェアを獲得したKitKatは、Google以外からそれを搭載した製品が発売されていないためか伸び悩んでいます。一方で、Jelly Beanは今回4.5%もシェアを伸ばしており、60%の大台に達しようとしています。Jelly Beanの普及はまだまだ進むものと推測されます。UI仕様が大きく変化したHoneycomb以上とそれよりも前のバージョンで分けると、Honeycomb以上は前回から3.2%増の77.5%、Gingerbread以下は22.5%に下がっています。Source : Android Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Meizu、オンライン小売店 Lightinthebox.comと提携して「Meizu MX3」のグローバル展開を開始
アワーズ、中古スマートフォン専門の通販サイト「中古携帯アワーズ スマホ生活」を1月15日にオープン
英スーパーマーケット Tescoの発売した自社ブランドのタブレット「Hudl」が発売から3カ月で40万台も売れる、次期モデルの開発にも着手

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP