ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 Smart Devices、Android 4.4(KitKat)を搭載した$79の低価格スマートウォッチ「SmartQ Z Watch Lite」を1月15日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のMID/タブレットメーカー Smart Devicesが、499元(約8,600円)/$79(約8,200円)という安価なスマートウォッチ「Z Watch Lite」の発売を発表しました。Z Watch Liteは1月15日に発売されます。Z Watch Liteは、昨年秋に発売された「SmartQ Z Watch」の廉価モデルです。通常版との大きな違いは、メモリサイズが下がった点(RAMが512MB→256MB、ROMが4GB→512MB)とWi-Fi通信機能を搭載しない点。筐体デザインやディスプレイサイズ、バッテリー容量など他の部分は通常版と同じ仕様です。Z Watch Liteは、Bluetooth v4.0でスマートフォンやタブレットと通信し、着信やSMS、通知を転送するほか、3軸加速度センサーによる歩数計機能や睡眠記録機能も搭載しています。ファームウェアはAndroid 4.4(KitKat)をベースにしています。ディスプレイは1.5インチ240×240ピクセルのLCDタッチパネルを搭載。筐体はIPX7の防水に対応しています。バッテリー容量は300mAhで、通常使用で約12時間持つとされています。その他、JZ4775 1.0GHzプロセッサを搭載。時計部分のサイズは49.9mm x 38.5mm x 12.2mm、全体の質量は42.5g。Source : Smart Devices



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : MediaTek、スマートフォンとテレビの画面表示をそれぞれ異なるものにできるMiracastベースのワイヤレスディスプレイ技術を披露
英HandtecでSamsung純正の心拍ベルト「Samsung Heart Rate Monitor Band(EI-HH10)」の販売が開始
Xperia Z UltraのWi-Fi Onlyモデル「SGP412」のAntutuスコアが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP