ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさかの同棲! リア充爆発しろ! アニメ『中二病でも恋がしたい!戀 (第2期)』クロスレビュー[7.3/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014冬アニメクロスレビュー『中二病でも恋がしたい!戀 (第2期)』

いろいろな手違いから住む場所を失ってしまった六花は家探しを始めるものの、なかなか上手くいかず、結局勇太の家に転がり込むことに。
だがの家族は勇太を残してジャカルタに行ってしまっていた。これから始まる同棲生活!?とドキドキしていた2人。
だが、そんなところに受験をひかえた樟葉が帰ってきたのだった。ほっとしたような残念なような中、3人の奇妙な共同生活が始まる。

一方で、元小鳥遊家には新しく引っ越してきた家族が。
それは勇太が憧れていた自称魔法魔王少女、“ソフィアリング・SP・サターン7世”こと七宮智音だった…。
こうして、まったく普通じゃないまま勇太の高校2年の1学期は始まった。

制作/京都アニメーション
監督/石原立也
声優/福山潤、内田真礼、赤崎千夏ほか
1月8日よりスタート
TOKYO MX 毎週水曜日 深夜24時30分~
公式サイト:http://www.anime-chu-2.com/[リンク]

2014冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.3/10点(レビュアー 3名)

srbnのレビュー

演出 9
脚本 8
作画 9
OP / ED 6
あう? 10
-----
総合 8

待ってましたの中二恋。劇場版ラストの展開からの続きが気になる所ですが、まずはTVシリーズのラストからの続きってことで家探しから。部員が男1:女4というバランスの悪い感じにも関わらずハーレム系にならないのがこの作品の特徴でしょう。1期で高1をメインに据えて中3の後輩と高2の先輩という布陣で始まったので、2期で学年上がっても全員高校生に収まるというのも上手いなと思いました。相変わらず中二病ワールドの作画が良く、たまにふと入る現実カットも「現場はこんな感じでーす」って感じで好きです。演出面では、謎の立体視ぽい技術も多用しはじめましたね。チーズ持ったモリサマーとか、六花ちゃんの「あう?」とか優秀な素材も1話で登場しましたし、今後が楽しみです。

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 6
脚本 6
作画 8
OP / ED 7
作画に関しては安定しています度 10
-----
総合 7

アニメの親はほんと良く海外に転勤するなーというご都合展開で一時的に同棲するようになった主人公とヒロイン。おままごとのような生活から両名の精神年齢の低さが垣間見えました。主人公は彼女に対して過保護&暴力的なのが気になります。彼女の精神的成長を促しつつ、しっかり支配下に置くことで魂は隷属させる計画なのかダークフレイムマスターよ。ということで、なんとなく心から楽しめないのは自分が捻くれているのかわかりませんが、作品の感想としては作画は安定しているけどそこまで面白いと感じませんでした。冷遇されてる男キャラと新キャラの活躍次第で普通のギャルゲー臭さから抜けだして欲しいなと思います。

ジョージ・レックのレビュー

演出 7
脚本 6
作画 8
OP / ED 5
もはや中二病ではない度 8
-----
総合 7

いきなり同棲かよ!高校生が!前シーズンの空気も変わらず健在でいいと思います。今期は二人のラブラブっぷりを見せつけられるんでしょうか。独り身には耐えられませんね。妄想バトルシーンもかなりパワーアップしてるので、アクション好きな人も見てて飽きないのでは。京アニですし。モリサマーさんの高2デビューは時すでに遅しな気がしますし、制服でロングスカートもなかなか痛々しいと思いました。主題歌は1期のと比べると耳に残りづらい。まあ手堅いので見ておくが吉。

レビュアープロフィール

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP