ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浅草七福神めぐり「縁を求め」婚活神社に行列

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「ネコのいる婚活パワースポット」婚活神社に行列。

お正月の行事として親しまれている七福神めぐりだが、今年は同じ七福神でも婚活・縁結びの神社に人が押し寄せ、別のご利益の寺社は行列が少ないという現象が起きているようだ。
浅草名所七福神(あさくさなどころしちふくじん)の一つ、婚活神社で有名な今戸神社(東京都台東区今戸1-5-22)に普段とは打って変わった行列が出来た。記者は同じ日(1月3日)に浅草名所七福神九カ所を巡ったが、浅草寺を除くと縁結びの今戸神社がずば抜けて人出が多かった。

浅草名所七福神(あさくさなどころしちふくじん)は江戸末期からの伝承があるが、途中中断し、昭和52年に再興したと公式ページには書かれている。この七福神は九カ所ある珍しいものだが、初詣ランキング上位の浅草寺も中に入っている。今戸神社の行列は、浅草寺よりは少なかったが、並んだ人に取材した所、参拝まで3時間、4時間は掛かるときもあるという。社務所のご婦人の話では、某有名人なども訪れていたということだった。

今戸神社のメインの祭神は八幡神だが、江戸時代にこの神社で夏目漱石の『吾輩は猫である』にも出てくる今戸焼の招き猫づくりが流行し、明治時代の神社合祀により、白山神社と合併して、縁結びの神であるイザナギ・イザナミをも祀るようになったので、今は「ネコのいる婚活パワースポット」として女性誌で大評判になっている。

各地の神社仏閣関係者に取材すると、「今はとにかく縁結びをご利益にうたわないと、なかなか参拝客が来ない」という状況のようである。

(写真は執筆者撮影。行列ができている今戸神社)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松平東龍」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP