ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、「Ascend P6」グローバルモデルにB125ビルドへのアップデートを配信開始、パフォーマンスと発熱を改善

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huaweiが厚さ6.18mmの薄型スマートフォン「Ascend P6」のグローバルモデルに対して、B125ビルドへのアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートでOSバージョンやEmotion UIのバージョンアップは行われませんが、動作の改善が行われたようで、動作が以前よりも格段にスムーズになったほか、発熱問題にも対処したようで、本体の温度が以前に比べて低くなりました。アップデート操作はAscend P6の設定メニューを表示後、「端末情報」→「システム更新」→「オンライン更新」より手動で実施できますが、この方法でアップデートできない場合は、下記のリンク先からファームウェア(ZIPファイル)をダウンロードしてZIPファイルを解凍。「dload」フォルダをそっくりそのままSDカードにコピーして「ローカルで更新」→「確認」をタップします。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、1.2GHzクアッドコアの5インチスマートフォン「Galaxy Grand Neo」を今年リリース
韓国版LG G2のAndroid 4.4ファームウェアに新ランタイム「ART」は実装されず
MotorolaがMoto Xの米国キャリアモデルとDeveloper Editionの価格をずっと$100値下げ、アンロック版もしだいに安くなるはず

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP