ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WEBサイト版YouTubeの画質オプションに4K動画用の「2160p(4K)」が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

WEBサイト版「YouTube」の画質変更オプションに新サイズ「2160p(4K)」が追加され、4K画質の選択も可能になりました。4KはフルHDよりも4倍画素数の多い3,840×2,160ピクセル(ウルトラHDまたはUHD、16;9)のことです。4Kテレビや4Kモニタなどの対応ディスプレイの場合に、YouTubeの動画プレイヤーにある画質オプションから「2160p(4K)」を選択すると、この画質で視聴することができます。厳密には4K動画は以前より視聴できており、今回は4K動画のオプション表示が「オリジナル」から「2160p(4K)」に変わっただけです。ゆくゆくは8K動画もアップロードされるようになるでしょうから、そのような動画が投稿された場合でも4K画質を明示的に指定することもできます(オリジナルだけではなくて)。4Kオプションを確認するための動画のサンプルはこちら。Source : YouTube



(juggly.cn)記事関連リンク
SwipeBack : Androidの「戻る」ボタンを押す動作を画面上のスワイプ操作に変えるXposedモジュール
Gravity Box : 物理ボタン搭載端末のナビバー追加やナビバーの高さ調節など、Androidの色んな部分をカスタマイズできるXpoesedモジュール
GoogleがAndroidベースの車載システムの開発でドイツの自動車メーカー Audi(アウディ)と提携したとの報道

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP