ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国TCLが2GHzの8コアプロセッサを搭載した新型スマートフォン「Alcatel OneTouch Idol X+」とPhitenチタンを編み込んだスマートウォッチ「BOOM Band」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Alcatel OneTouchブランドを展開している中国のスマートフォンメーカー TCL Communicationsが、2GHz駆動の8コアプロセッサを搭載した「Alcatel OneTouch Idol X+」を中国で発表しました。Idol X+は、5インチ1,920×1,080ピクセルのIPS液晶とMediaTek MT6592 2.0GHz(Cortex-A7 ×8)を搭載したAndroidスマートフォン。同社が今年初旬に発売した「Idol X」の後継機種で、新モデルでは、画面サイズ・解像度は前作を維持していますが、プロセッサ、RAM、カメラ、オーディオ機能を強化するなど、内部仕様は改善されています。筐体は、厚さ7.9mmと薄く、ディスプレイ外枠は片側1.9mmしかないというスリムな形状です。この薄さだとバッテリー容量が心配されるところですが、Idol X+のバッテリー容量は2,500mAhと許容できる容量のバッテリーを積んでいます。カメラはリアに1,300万画素の裏面照射型CMOS(1/3.06型のExmor RS)とF2.0の明るいレンズを搭載。オーディオ機能では、Maxim社製のヘッドホンアンプ「Maxim 9720」を搭載したことで、サンプリング周波数24bit/192KHzのハイレゾオーディオに対応しました。その他、RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GBなども搭載。TCLはIdol X+のほか、「RAKUWAネック」でお馴染みのPhiten(ファイテン)のアクアチタンを編み込んだBluetoothスマートウォッチ「Boom Band」も発表しました。Source : Weibo(TCL)



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1fグローバルモデルのカタログ画像?が流出
テレ朝、今夜7時オンエアーの「Mステ スーパーライブ2013」でスマートフォン・タブレットからライブ会場のスクリーン映像を視聴できる「Mステ シンクロライブ」を実施
日本のGoogle Playストアで2013年~2014年の「年末年始キャンペーン」が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP