体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

菊地成孔がソニー内に自身のレーベル〈TABOO〉立ち上げ、音楽活動集約へ

〈TABOO〉ロゴ画像

 

音楽家・文筆家・講師などさまざまな方面で活躍している菊地成孔が、本日12月26日に初となる自身のレーベル〈TABOO(タブー)〉をソニー・ミュージックアーティスツ/ヴィレッジミュージック・レーベル内に立ち上げた。

このレーベルは、菊地が現在運営している4つのバンド=DCPRG、菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール、菊地成孔ダブセプテット、JAZZ DOMMUNISTERSやソロなど、彼の幅広い音楽活動を集約するもの。菊地がプロデュースする作品もこのレーベルから発表される予定で、年間にリーダー作を2作、プロデュース作品を2アイテムというリリース・ペースが計画されているという。なお、レーベル名は40年代後半にパリのサンジェルマン・デ・プレ界隈でモダン・ジャズが最新のクラブ・ミュージックとしてオーディエンスを熱狂させていた時代の地下クラブの名前から取られている。

また、〈TABOO〉からの第1弾アイテムとして、ぺぺ・トルメント・アスカラールの5年ぶりのアルバム『戦前と戦後』が2014年3月19日にリリースされることも決定。タイトル・チューン“戦前と戦後”を含む全11曲中10曲が菊地によるヴォーカル・ナンバーという異色作となっており、ディック・ミネ“ただひととき”、薬師丸ひろ子“WOMAN”、フランク・オーシャン“Super Rich Kids”のカヴァーや、小泉今日子に提供した“大人の唄”のセルフ・カヴァーも収録される。参加アーティストにはソプラノ歌手の林正子やSIMI LABのOMSBとDyyPRIDE、覆面フィメール・ラッパーのICI、そしてアメリカンクラーベの主幹であるキップ・ハンラハンと彼の娘などが名を連ねており、戦前の歌謡スタイルのナンバーからフル・アコースティックのヒップホップ、東欧風のインスト曲までが楽しめるという。CDはSACDとのハイブリッド盤で、選りすぐりのライヴ映像を収めたDVDも付属する予定。

★菊地成孔とUAのユニットも出演する〈JAZZ WEEK TOKYO 2014〉についてのニュースはこちらから

 

菊地成孔 〈TABOO〉立ち上げにあたり

一昨年に個人事務所〈ビュロー菊地〉を構えまして、御陰さまで今年は法人格も取得し、小さいながらも一端の会社と相成りましたので、気がつけばもう50ですし、狭いながらも楽しい我が家、手前の庭でレーベルでもデッチあげ、好きなものばかりこしらえて、隠居まで楽しくやって行こうかな。どこかの酔狂な会社が寄って来たらその都度のっかりながら。等と、柄にも無くスローダウンな人生設計を弄んでおりました所、何とSONYさんからお声がけ頂いたと聞き及び、最初は「はははは冗談でしょう世界のエスオーエヌワイがこんなロートル相手にははははは。家電の方じゃないの。ウチに来ないか、Blu-rayの解説書きとして。とかですよ上限」等と笑っていたのですが、何と冗談ではないらしく、契約、しかもレーベルを持たないかというプランニングまで頂戴し望外の喜びとはこの事、二つ返事でやらせて頂く事になりました。VILLAGE MUSIC部長の青木幹夫氏に感謝します。

お話を頂く直前までのワタシの状況は、一部の方はご存知でしょうが、impulse!の〈米国籍を持たぬアジア人初の契約者〉として、DCPRGで2枚のアルバムをリリース後、契約を終了し、何の予定も無いフリーランスの状態でした。ですので前述の楽しい隠居プランを立てていたのです。

また、ワタシはマイルス・デイヴィスの研究家として研究書まで書いている身とはいえ、自分をマイルスと重ね合わせる程の素晴らしい誇大妄想症(マイルスは研究家を完全に移入させてしまうカリスマです)の患者ではありません。ただ「エレクトリック・マイルス・マナー(上っ面だけで、全然違うんですけどね。ボトムは)のバンドがimpulse!っちゅうのは21世紀日米ジャズ文化の捻れとしてどうだったのかしらね。うははは」等と思っていた所でしたので、知人にSONYさんの件を告げると、上目使いでにやにやしながら「菊地さん、やっぱマイルスと同じになりましたね」等と言われ「オマエざけんなよー! 勘弁してくれよー」と殴りながら苦笑せざるを得ませんでした。

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。