ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「URBANO PROGRESSO」にも任意のJavaメソッドが実行される脆弱性への修正アップデートを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは12月26日、京セラ製Androidスマートフォン「URBANO PROGRESSO」に対して、Androidシステムの脆弱性に対処するソフトウェアアップデートの提供を開始しました。URBANO PROGRESSOにも昨日のISW12HTと同様に、Android 4.0~Android 4.1.xに存在する任意のJavaメソッドが実行される脆弱性が存在し、今回のアップデートで修正されます。この脆弱性によって標準ブラウザやWebViewクラスを利用しているアプリで悪意のあるコードを含んだWEBページを閲覧してしまうと、ユーザーの意図に反して端末の機能を起動されたり、任意のコードを実行される可能性が発生するので要アップデート実施です。また、WiMAXの起動時に案内を表示する機能も今回のアップデートで追加されます。更新ファイルは端末単体でダウンロード(3G/WiMAX/Wi-Fi)可能です。URBANO PROGRESSOの設定画面を表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」よりアップデートを実施します。アップデートにかかる時間は約20分。アップデート後のソフトウェアビルドは「012.0.3400」。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
中国TCLが2GHzの8コアプロセッサを搭載した新型スマートフォン「Alcatel OneTouch Idol X+」とPhitenチタンを編み込んだスマートウォッチ「BOOM Band」を発表
NTTドコモ、JR山手線9駅で下り最大150MbpsのLTEサービスを提供開始
楽天市場で22,800円からの「Kobo Arc 7HD」の販売が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP