ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KitKatバージョンのParanoid Android 4.0公式ベータが複数のNexusデバイス向けに配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けカスタムROM「Paranoid Android」の公式Android 4.4(KitKat)バージョン(Paranoid Android 4.0)が昨夜リリースされました。KitKatバージョンはまだベータ版として提供されていますが、今のところNexus 4(Mako)、Nexus 5(Hammerhead)、Nexus 7 2013(Flo、Deb)、Nexus 7 2012(Grouper、Tilapia)、Nexus 10(Manta)、Galaxy Nexus(Maguro)といった複数のNexusデバイスで利用できます。導入方法は、多くのカスタムROMと同様で、ROM本体とGAppsを順にカスタムリカバリを使ってインストールします。リリース版では全ての機能は移植されておらず、HALO、PIEコントロール、ハイブリッドモードはサポートされていません。今のところはroot化とApp Opsを有効にしたこと以外、AOSP版と大差ない内容です、Paranoid本体ダウンロード先GAppsダウンロード先Source : Google+(Paranoid Android)



(juggly.cn)記事関連リンク
ドコモスマートフォンの「実使用時間」とは?
RootCloak:rootチェック機能付アプリからroot状態であることを隠すXposedモジュール
LGはLG Gxのグローバル展開を計画? 2014年1月に英国で発売されるという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP