ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenModスマートフォン第1弾「OPPO N1 CyanogenMod Edition」がOPPO STYLEで販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国OPPOとCyanogenのコラボスマートフォン「OPPO N1 CyanognenMod Edition」が予定通り12月24日に発売されました。OPPO N1 CM版はOPPOの公式通販サイト「OPPO STYLE」を通じて販売されています。ラインアップは内蔵ストレージ16GBモデルのみで、価格はColor OSを搭載した通常版と同じ$599(約62,000円)です。OPPO N1 CM版は初のCyanogenModスマートフォンであり、限定品でもあるので持っておく価値はあると思います。

OPPO N1 CM版のハードウェア仕様は通常版と基本的に同じですが、ファームウェアがAndroid 4.3.1(Jelly Bean)ベースのCyanogenMod 10.2に変わっています。同梱品にも少し違いあり、CM版には、OPPO純正のスマートフォンケース、CyanogenModオリジナルデザインのスマートフォンケース、ステッカー数枚が同梱されています。リモートシャッター&キーファインダーとなる「O-CLick」も同梱されています。Source : OPPO STYLE



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、NFCに対応したGalaxy Camera新モデル「EK-GC200」を開発中
Yahoo! Japanの公式Androidアプリにタブレット専用UIが追加
イスラエルのセキュリティ研究チームがGalaxy S 4のKNOXアプリのセキュリティ上の脆弱性を指摘

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP