ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年12月23日~12月29日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年12月23日~12月29日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:牡羊座

運気は好調。自分の為の投資にツキがありそうです。この機会に興味のある分野の勉強を始めたり将来の為に資格を取得すると吉。また規則正しい生活を心掛けることが幸運の鍵となるでしょう。疲労や負担を感じたら早めに休憩をとること。放っておくと悪化しそう。

第2位:蟹座

物事が少しずつ良いほうに変わっていく風向き。いきなりすべてが改善されるわけではないので焦らないこと。また短気を起こして話し合いを疎かにすると停滞してしまうかもしれません。週末には人との出逢いに期待が持てそう。自分らしく向き合える人との相性が吉。

第3位:天秤座

週前半は思うように物事が捗らず停滞の兆し。また健康運にも注意信号がともっています。週の半ばから運気は上昇傾向に。家族や友人など気のおけない人たちとの交流がツキをアップさせるでしょう。そのなかで将来の夢や計画について語ると良い情報が得られそう。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/480447 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:射手座
地道な作業でもいとわずこつこつと真面目に取り組むことで頑張ったぶんだけ正当な評価を得ることができそうです。そのかわりサボったり誤魔化そうとした場合は減点対象となるでしょう。休日はやることをやったら休息をしっかりとって無理に頑張り過ぎないこと。

第5位:牡牛座
裏方ではなく表に立つような場面があるかもしれません。可能な限りはリクエストにこたえることが成功の鍵となるでしょう。また笑顔は運気アップにつながるので出し惜しみしないこと。ただ過去の事例にとらわれ過ぎると失敗する可能性が高いので気を付けること。

第6位:水瓶座
週前半の運気は好調。あなたの合理的な判断や的確な指摘が高い評価へとつながりそうです。しかし週の後半から運気は下り坂に。あれもこれもと手を広げ過ぎると収束できなくなりそう。まずは自分の足許を固めて確かめることが先決。不満は改善につなげましょう。

第7位:双子座
仕事運や勉強運が好調。苦手だと思っていた分野でも積極的に攻めてみると案外楽しみを見出せるかもしれません。ただし何でも要領よくうまくやろうとすると中途半端になって結局失敗する可能性が。遠回りでも着実な方法をとることが成功の秘けつとなるでしょう。

第8位:乙女座
対人関係に陰りが見えます。気まぐれに相手を振り回したり手のひらを返すような言動は慎みましょう。また愚痴や不満は云う相手を間違えると誤解や尾ひれをつけて広まりそうです。自分が楽しむことより他者が楽しむことを優先させるのが幸運の鍵となるでしょう。

第9位:山羊座
好奇心をくすぐられたものに興味を持ち手を出すのは悪いことではありませんが状況をよく見て慎重に行動する必要がありそうです。知識や技術の習得など明確な理由がある場合は問題ありませんが何となくといった程度だとうまくいかず途中で放り出してしまいそう。

第10位:獅子座
運気は不調気味。年末に向けて面倒事を押し付けられたりトラブルが発生する可能性が高いでしょう。その為モチベーションの維持に苦労するかもしれません。ただし偽りや誤魔化しは更に状況を悪化させる結果を招きかねないので禁物です。糧になるととらえること。

第11位:魚座
判断力が冴えている週です。特に過去の自分の経験を踏まえて下した判断は的確で周囲からの信頼も増すでしょう。しかし今週は忙しさのわりに誘惑が多くなりそうです。毅然とした態度で臨むことが肝要。環境を大きく変えることは得策ではないようなので気を付けて。

第12位:蠍座
運気は低調傾向にあるようです。不真面目な言動が他者の機嫌を損ねるなどして人間関係に亀裂が入るかもしれません。気付いたら早めに誠実に対処すること。また転機となるような行動を起こすのは先延ばしにしたほうが良いでしょう。今のうちに過去の見直しをして。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。