ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungは「Galaxy Tab Pro 8.4」「Galaxy Tab Pro 10.1」「Galaxy Note Pro 12.2」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung未発表のタブレット型番に対応する製品名の情報がSamMobileで伝えられています。同サイトによると、既に発見されているSM-T320/SM-T325は「Galaxy Tab Pro 8.4」、SM-T520/SM-T525は「Galaxy Tab Pro 10.1」、SM-P900/SM-P901は「Galaxy Note Pro 12.2」、SM-T110/SM-T111は「Galaxy Tab 3 Lite」になるそうです。最初の3機種はこれまでのGalaxy Tabとは違って「Pro」が付いています。通常の「Galaxy Tab」よりも上位モデルであることを意味しているのでしょう。Samsungの2014年モデルでは、ハイエンドモデルにAMOLEDパネルが、エントリー~ミッドレンジモデルにはLCDが採用されると噂されています。Proがハイエンドモデルだとすれば、この3機種にはAMOLEDパネルが採用されるはずです。ちなみに、画像は20日に韓国の非公開イベントで展示されていた「Galaxy Note Pro 12.2」の実物とのことです。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
カスタムROM「CyanogenMod」のインストール台数が1,000万台を突破!
HTCが密かに新Desireスマートフォン「HTC Desire 400」を発売
Custom Watch for SmartWatch:SmartWatch 1/2にカスタマイズ可能な時計画面を表示するアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP