ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンケーキだけじゃない! 4日間限定の「bills」クリスマスメニューを食べてみた「ボリュームたっぷりで大満足」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


“世界一の朝食”とも称される絶品スクランブルエッグや、ふわふわのパンケーキが大人気の「bills」。2008年の七里ケ浜オープン以来、現在日本では横浜赤レンガ倉庫、お台場、表参道の店舗が展開し、毎日たくさんのファンを魅了しています。

朝食やブランチ、ティータイムに訪れる人が多いイメージの「bills」ですが、実はディナーメニューも大充実。ワインやカクテルを楽しみながら、美味しい料理をパンケーキを味わう、大人な使い方も出来ちゃうんです。

そして、この時期だけのクリスマスコースも。22〜25日の4日間限定で、大切な人と味わいたいスペシャルなメニューが登場します。「bills」が作るクリスマス料理ってどんなもの? 一足お先に味わって来ましたので、写真と共にご紹介します。


「bills」のクリスマスコースは全部で4品。前菜、パスタ、肉料理、デザート、コーヒーまたは紅茶とボリュームたっぷりのお料理たちです。

前菜の「鮮魚のセビーチェ」は、ペルー発祥の料理。お魚を柑橘系のソースでさっぱりとしあげ、アボカドとグレープフルーツと一緒にいただく爽やかな一品。リボン状の幅広パスタを仔牛のラグーソースと合えた「パッパルデッレ」は女子なら絶対に気に入るはず。


そして、メインの「ステーキフリット」は300gのボリューム! 塩・こしょうのみでシンプルに味付けされたリブ肉はジューシーで食べ応え抜群。そのまま食べてももちろん、スペイン生まれのちょっとスパイシーな「ロメスコソース」をつけて食べれば、また違った味わいに。添えられたクリスピーポテトもサクサクとしていて、最高に美味しかったです。

デザートは、レモンのさっぱりとしたソースにジンジャー風味のサクサクとしたクッキーが混ざり合うユニークな「チーズケーキ」。お肉までしっかり楽しんだ後、さっぱりとしていてペロリと食べられちゃいます。


「billsといったらやっぱりパンケーキ!」という人は看板メニューの「リコッタパンケーキ w/フレッシュバナナ、ハニーコームバター」にも同じ価格でチェンジ可能。こちらは通常のサイズよりも小ぶりなパンケーキなので、お腹に余裕がある人はぜひトライしてみて。


どのお料理もスパークリングワインにピッタリ。クリスマス限定のカクテルは、洋梨のコンポートをスパークリングワインで割り、シナモンの風味をきかせた冬にピッタリの一杯。デザートカクテルとして楽しんでも良さそう。


食事をゆっくり楽しんだ後、大切な思い出を残したい時は、パンケーキそっくりのストラップをおみやげに。パッケージは店舗ごとに異なるカラーリングで、大人カワイイデザインです。

今回ご紹介したクリスマスコースは、ディナータイムのみ、2名より受付可能。数量限定で、25日のお台場店での予約分はすでに終了しているとのこと。ぜひお早めにお問い合わせを!

bills クリスマスメニュー/一人6,300円
予約は電話のみ。各店舗の電話番号は公式サイトよりご覧ください。

https://bills-jp.net

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP