体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界各国で軒並みの高評価 オリンパスのハイエンドミラーレス一眼『OM-D E-M1』レビュー

世界各国で軒並みの高評価 オリンパスのハイエンドミラーレス一眼『OM-D E-M1』レビュー

CSKAモスクワからACミランへの移籍が決定し、世界を舞台に活躍するサッカー選手の本田圭佑氏。彼がイメージキャラクターを務めるオリンパスのミラーレス一眼『OM-D』シリーズのフラッグシップモデル『OM-D E-M1』が、世界各国のカメラ誌などで高い評価を受けています。世界がうなった『OM-D E-M1』のレビューをお届けします。

本田選手

本田選手を起用した『OM-D』のキャンペーンでは、本人に『OM-D』を触ってもらってコメントしてもらうインタビュー動画が公開されています。

OLYMPUS「OM-D」×本田圭佑インタビュー(YouTube)
http://youtu.be/6u-WIqSov9k

「軽いですよね」「コンパクトだし持ちやすい」と『OM-D』を手にした感想を語る本田選手。今までは撮られる側として意識していたカメラを自分で持ち歩き、今後は試合や遠征先での風景を撮って記憶に残していきたいと語ります。

この『OM-D』のフラッグシップモデルである『OM-D E-M1』は、カメラ専門誌『日本カメラ』の2013年ベストカメラに選ばれたほか、海外でも独『foto MAGAZIN』の評価で1位の91%、『DPReview』の評価で84%のGOLD、仏『Chasseur d’Images』で5つ星、シンガポールの大手新聞『The Straits Times』の「Digital Life」部門でEditors Choice Awardを獲得するなど、軒並みの高評価。世界で活躍する本田選手のイメージとシンクロしてきますね。

『OM-D E-M1』ボディと『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』レンズ

さて、編集部に届いた『OM-D E-M1』。ボディと『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』レンズをお借りしました。

軽い コンパクト

まず手にして驚くのが軽さとコンパクトさ。ボディはバッテリーとメモリーカード込みで約497グラムと軽量で薄型。でも右手で持つグリップは大きく前面にせり出しているので、ホールド感は抜群です。外観はメカっぽい直線的なデザインと、クラシックなカメラらしいデザインが共存しています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。