ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年12月16日~12月22日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年12月16日~12月22日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:獅子座

つまずいたときはスタート地点に戻ってみることもひとつの手段です。そこから可能性や希望が見えてくるでしょう。他者の為に身を削るよりも今は自分を大切にすることを優先させて。自分の足許を見つめ直したらまた前向きに進むことが出来るようになりそうです。

第2位:水瓶座

これまで目標に向けて真面目に取り組んできたならその結果が報いとなって返ってくる兆しです。また夢への希望の道も開けてくるでしょう。小さなことにこだわらずおおらかな気持ちで過ごすことが幸運の鍵。ただし健康運には注意が必要。甘く見てると長引きそう。

第3位:双子座

運気は好調の兆し。趣味や得意分野で活躍の場が得られるかもしれません。また壁にぶち当たったときはとことん話し合うことで解決の光明が見えてくるでしょう。ただし必要以上におもねたり或いは上から目線にならないように気をつけて。誤りは素直に認めること。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/475559 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡牛座
前向きなやる気がみなぎるとき。しかしよく考えて行動しないと空回りして終わる危険も。むやみに何でも手を出すのではなくまずは身の回りに散らかっているものを片付けることからスタートしましょう。週末は人との交流を積極的に持つと吉。自分から声をかけて。

第5位:山羊座
海外の情報にツキがあるようです。しかしその真贋はしっかりと見極める必要があるでしょう。うっかりニセの情報に踊らされることのないように気をつけて。金銭運に乱れの兆し。収入も期待できる代わりに支出も増えそうです。計画的に使うことを心掛けましょう。

第6位:牡羊座
週の前半は解放感が得られ仲間や友人など気の置けない人たちとの交流を満喫することが出来そうです。しかしそのぶんのツケが週の後半に訪れる兆し。集中力が途切れがちなのでコツコツした地道な作業に嫌気がさしてしまいそう。淡淡と片付けるのが楽になる近道。

第7位:蟹座
偏見や余計な情報に惑わされず正しい目で物事を見るように心掛ければ後悔のない判断を下せるはずです。誤魔化しや表面上のまやかしに騙されないように気をつけて。迷ったときや悩んだときは家族など身近な人の意見を仰ぐのも良いでしょう。気まぐれな言動は禁物。

第8位:蠍座
健康運にかげりが見えます。ただの風邪などと放置しないで早めに休むなどの対策をとるようにしてください。また出費のかさむ週となるかもしれません。抑えられるところで調整をはかるようにしましょう。計画性を持って行動すればさほど困ることにはならないはず。

第9位:射手座
冷静さを欠くことで思わぬ失敗をしてしまいがちなとき。ふわふわと足許が浮ついているのもその原因のひとつかもしれません。年末に向けて今が正念場とカツを入れ直しましょう。同じ誤りを繰り返すと信用を落とすことに繋がりかねないので充分に注意するように。

第10位:魚座
気持ちがささくれ立って攻撃的になりやすいときです。良かれと思っての忠告も言葉がきつ過ぎないかなど行動に移す前に見直すようにしましょう。相手を思いやる気持ちを持つことが成功につながります。考えを押し付けるのではなく相手の判断を尊重することが肝要。

第11位:乙女座
面倒なことを背負い込むことになったり或いは努力が認められないなど精神的な負担が大きい週となるかもしれません。休憩などをはさみながら適度にストレス解消しましょう。人をアテにし過ぎるのは禁物ですが自分ひとりの判断で突っ走るのも危険。空気を読んで。

第12位:天秤座
心配していたことが現実のものとなりそう。周囲をあてにするのではなく自分で覚悟を決めましょう。事前に可能な準備はできうるだけ怠りなくして不安材料をひとつでも減らす努力を。過度な依存体質は信頼関係を損なうことに繋がりかねないので注意してください。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP