ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileがエントリーモデル「Xperia L」にAOSPベースのAndroid 4.4(KitKat)を提供する実験的プロジェクトをスタート(更新)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileは12月13日、今年のエントリーモデルとなる「Xperia L」にAOSPベースのAndroid 4.4(KitKat)を提供する実験的プロジェクトを開始したと発表しました。このプロジェクトは、Xperia LにNexusデバイスとほぼ同じ内容のAndroidをSony Mobile主導で開発するという取り組みです。これまでXperia S、Xperia Z、Xperia Z Ultra、Xperia Tablet Zで行われていたAOSP化プロジェクトと内容的には同じ。Xperia LのプロジェクトではSony Mobileが同社のGitHubを通じてAOSPベースのAndroid 4.4のソースコードとROMのビルド方法を公開しています。また、開発者向けサイト Developer Worldでは、Xperia Lで採用されているMSM8230プロセッサ用のドライバなどのバイナリファイルも提供されています。更新:Xperia S、Xperia Z、Xperia ZL、Xperia Z Ultra、Xperia Tablet ZにAOSP版Android 4.4も同時に配信されています。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon.co.jpで対象のスマートフォン/タブレットとSIMカードをセットで購入するとSIMパッケージ分が無料になる「まとめ買いセール」が実施中
Android版Chrome 32 Betaでダブルタップのための300msの遅延が無くなり、よりリニアに反応するようになった
米国4位のSprintが3位のT-Mobile USAの買収を検討、WSJが報じる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP